すぐにお金を借りたい方へ

銀行でお金を借りる方法とは

カードローン、住宅ローン、自動車ローン、教育ローンなど、数ある銀行でお金借りる方法のなかでも人気が高いのがカードローンです。 特に、低金利でお金を借りれること、総量規制の対象外で借入金額に余裕があること、銀行ならではの安心感があること、利用目的が限定されないことなどが人気の秘密です。

バレずにお金を借りる「ポイント!」

誰にもバレずにお金を借りるには、店頭でのお申込みではなく、来店不要のWeb契約でお申込みいただくのがポイントです。 また、サービスによってはお申込み時に郵送物を自宅に送らないように設定できるものも多数あるので便利ですね!

お金を借りる流れ~カードローン申込方法~

カードローンお申込みの流れ


カードローンは、申し込みからお金借りるまでの手軽さと低金利でお金を借りれるといった特徴があります。
カードローンなら、申し込み当日にお金を借りることもできますし、提携コンビニATMから24時間いつでもお金を引き出すことができます。 インターネットで24時間いつでも申し込みができるので、手間もかかりません。

カードローンのメリット

銀行のカードローンのメリット


銀行のカードローン新規申込方法

カードローンを初めて利用する場合の申込方法は、 大きく分けて“来店不要の申込方法”と“来店して申し込む方法”とがあります。 今ではiPhoneやGALAXYなどのスマホやパソコンなどから 来店不要で24時間いつでも受付可能なインターネット申込 で便利に申し込みができるので、手間をかけずに気軽に利用したい方にも人気の申込方法です。

【来店不要の申込方法】

  • インターネット※24時間申込可能
  • 電話
  • FAX
  • 郵送

【来店での申込方法】

  • 銀行窓口
  • 自動契約機

銀行カードローンの契約方法

カードローンの審査に通ったら、本人確認書類などを提出してカードローン契約をします。

【来店不要の契約方法】

  • メール添付やアップロード
  • スマホアプリ
  • FAX
  • 郵送

【来店での契約方法】

  • 銀行窓口
  • 自動契約機

契約に必要な本人確認書類

銀行カードローンの契約をする場合、本人確認書類が必要となります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 外国人登録証明書 など

また、借入限度額が100万円を超える場合など一定金額を超える際に、 源泉徴収票、確定申告書、納税証明書、住民税決定通知書などの所得証明書が必要になる場合があります。

銀行カードローンでお金を借りる

銀行キャッシングでお金を引き出す方法は、下記のとおりです。

  • 銀行窓口でお金を借りる
  • 銀行ATMや提携コンビ二ATMなどでお金を引き出す
  • 振込キャッシングでお金を借りる

銀行のカードローンでお金を借りる:豆知識

お金がなくて困ったときには、銀行でお金を借りる方法を検討されてはいかがでしょうか。
もちろん、継続的にお金が足りないのであれば、根本的な解決方法を探さなくてはなりませんが、 単純に、月末のお給料日に一時的にお金が足りないといった場合や、 たまたま今月は出費がかさんでお金がないといった場合には、カードローンなどを利用して借りると便利です。

ほかにも、定額貯金などでそれなりに蓄えはあるんだけど、一時的にお金が足りないだけだからわざわざ定期預金を崩したくない。 お金がないほんの少しの間だけお金を借りたいといったときに利用するのもひとつの手段です。 低金利・即日融資・少額借入など各種多彩な商品があるのも魅力ですが、事前にカードを作っておけば 土曜日や日曜日などの休日祭日や年末年始など365日24時間近くのコンビニATMを利用できるのも便利な機能です。

銀行借りる方法~カードローンの種類~

銀行でお金を借りる方法はたくさんあります。
各種ローンには、住宅ローン(マイホームローン)、自動車ローン(カーローン、マイカーローン)、 教育ローン、トラベルローン、多目的ローンなど、 借り入れ目的にごとの目的別の専用ローンが有名ですが、カードローンのように 目的を限定せずにさまざまな使い道が可能なカードローンも人気です。

銀行カードローンの借り方

カードローンの契約は、窓口のみならず、インターネットや自動契約機、電話、FAXなどさまざまな方法にて契約が可能です。
ご都合に合わせて契約方法が選べるので、たいへん便利です。

とくに、インターネットが利用できることで、時間や場所を問わずに24時間いつでも申し込みを行えるので、 土日祝日やお出かけ先での待ち時間などにも有意義に利用できます。
インターネットなら、契約申し込み前にお金を借りることができるかの簡単診断もできるので、 いざ申し込んだらNGだった…といった無駄もありません。

契約申し込み→お金を借りるまで~銀行借りる方法~

  • ↓契約申し込みをする
  • ↓契約申し込み受理&審査開始
  • ↓審査
  • ↓審査結果連絡&融資開始可能
  • ↓お金の借り入れ(お金の引き出し)

審査が通ってカードローン用カードを手にれると、窓口はもちろん、 銀行ATMや提携コンビ二ATM、提携銀行ATMで気軽にお金を借りることができます。
ほかにも、振込キャッシングなども行えます。

銀行借りる条件

銀行でお金を借りる条件は、おおむね下記のとおりです。
なお、これらの詳細条件は銀行によって異なりますので、 実際に借り入れを行う際には、ご利用の詳細条件をご確認ください。

  • 年齢が満20歳以上65歳未満で、日本国内に居住していること
  • 原則として、安定した収入があること
  • 銀行指定の保証会社の保証を受けられること

どちらの条件で選ぶ!?お金を借りるときの【2大条件】

銀行カードローン 銀行系消費者金融


【 銀行 】と【 銀行系の大手消費者金融 】の比較

銀行/銀行系の消費者金融 審査速度 金利の高さ 審査厳しさ 総量規制
▼ 銀 行 ★★★☆☆
( 普 通 )
★☆☆☆☆
( 低 め )
★★★★☆
( 厳しめ )
対象外
( 年収の3分の1以上OK )
▼ 銀行系の消費者金融 ★★★★★
( 早 め )
★★★★☆
( 高 め )
★★☆☆☆
( 柔軟性あり )
対 象
( 原則年収の3分の1まで )

 ※こちらは業界全体のタイプ別一覧です。会社によって詳細が異なりますので、ご利用の際には個別にご確認下さい

>> お金を借りる前の注意          

銀行カードローンの使い方

銀行からお金を借りる 2大パターン

CMなどで耳ではよく聞くカードローンは実際にどんな使い方をするの? という疑問にお応えするのがこちらのコーナーです。
カードローンは、初めて利用される方でも申し込み日当日に お金を借りれるなど、即日融資に強いことがメリットと言えます。 一度カードローン契約をすれば、そのあとは借入限度額の 範囲内で何度でもお金を借りることができます。 急にお金が必要になったときでもこちらの簡単ステップでキャッシング即日が可能なので、 すぐにお金を借りたい方などは検討されると良いかと思います。
カードローンの申し込み方法や契約方法なども選べますので、ご都合の良い方法をご選択ください。 また、カードローン契約をする際に、契約料や新規カード発行手数料などの費用もかかりませんし、 年会費やカード維持手数料なども発生しませんので、ご安心ください。

キャッシング辞典

三菱東京UFJ銀行から借入した際の返済方法

お金を借りたいけれど、毎月どのくらい返済すればいいのだろう。 そもそも返済ってどうしたらいいのだろう。。なんて考えることはありませんか。

「バンクイック」では、返済方法が「自動支払いによる返済」と「ATMからの返済」の 2通りあり自分にあったものを選ぶことができます。

・自動支払いによる返済
この方法は三菱東京UFJ銀行の本人名義の口座から希望した日を引き落とし日に設定し毎月自動的に返済するようになります。 なお、こちらについては別途手続きが必要になります。

・ATMからの返済
三菱東京UFJ銀行ATMや提携しているコンビニATMからの返済になります。 ATMの利用手数料や時間外手数料もかかりません。 セブンイレブンやローソン等のATMも利用可能なので買い物ついでに返済ということも可能です。

次に返済期日ですが、申し込み時に「35日ごとの返済」か「毎月指定日返済」のいずれかを選ぶことが出来ます。 「バンクイック」では、メールで返済日を教えてくれるメールサービスも行っているので それも併せて利用すれば返済日の超過や忘れの心配もありません。 ※なお、「35日ごとの返済」はATMからの返済の場合なので自動支払いで返済をする場合は、選ぶことが出来ません。

さて、お金を借りるときに一番気になるのが月々の返済額です。あまり負担になるようだったら借入自体難しいですよね。 「バンクイック」では各回の返済は最少返済額以上の金額であればいくらでも可能です。

・最少返済額とは毎回返済する際の最少の返済額のことで利用限度額によって異なります。

例えば
※利用限度額が200万円以下だった場合
返済日時点の借入残高10万円ごとに2,000円ずつ増加するので30万円借りた場合は6,000円となります。 35万円の借入でしたら毎月の最少返済額は8,000円ということになります。

※利用限度額が200万円超だった場合
返済日時点の借入残高10万円ごとに1,000円ずつ増加します。 先ほどのケースですと30万円借りた場合は3,000円、35万円の借入だと4,000円が最少返済額になります。

上記は、あくまで一例ですがこのような簡単な試算や借入が可能かどうかの診断等が 公式サイトでできるので時間が出来たときにでもちょっと見てみてはいかがでしょうか。 これからの季節、イベントも多く出費も増えるので賢く使って毎日を楽しみたいですね。

このページの先頭へ