お金を借りる【即日融資|銀行】Best3

【2017年最新】お金を借りるガイド

銀行でお金を借りる前に、借入目的をはっきりさせましょう!
即日振込など、急いでお金を借りたい場合は、銀行で借りるのは最近厳しい傾向にあります。

>> とにかく急いで借りるBest3はコチラ!


安定した収入がある方で、まだ銀行カードローンを利用していない場合には、審査を通してお金を借りれる可能性があります。

お金を借りる【2大ランキング】

スピード借入 銀行で借入
すぐにお金を借りたい!という方は即日融資可能な銀行系をチョイス!! 銀行でお金を借りたい!安心感がほしい!という方は大手銀行をチョイス!


1-1. 今日中にお金を借りたい

今日中にお金を借りたい!今すぐお金借りたい!ときには、 銀行系の大手消費者金融なら審査回答最短30分や最短1時間融資など、即日融資が可能です。

銀行系大手消費者金融が良い理由

スピード重視で即日融資に対応しているため今すぐにお金を借りれる
大手の銀行系カードローンなので安心感がある
消費者金融のなかでも低金利で借りれる
銀行カードローンよりも審査によゆうがある
インターネットで24時間365日申込可能
来店不要で誰にも会わずにお金借りれる
無利息期間がある

※会社によって対応していないサービスもあります


審査回答最短30分や最短即日融資も可能なカードローン

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

そのほか、東証1部上場企業であるアイフルなど、いずれもテレビCMやインターネットでおなじみの大手企業ばかりなので、安心して利用することができます。

スピード借入するには申込締切時間に注意しましょう

初めてお金借りる場合でも、大手消費者金融なら当日借入も可能ですが、タイムリミットにご注意ください! 実際に、カードローン申込当日にお金を借りる方法としては指定口座への振込キャッシングによる方法と、 自動契約機などでカードを発行し、そのカードを使ってATMや提携コンビニATMなどで現金を引き出す方法などがありますが、 いずれも当日借入をするには申込み締切時間があります。

『申込みタイムリミット一例』

振込キャッシング
サービス 詳細
プロミス 平日14時までに契約内容を確認
アコム 平日14時までに必要書類を提出

自動契約機
サービス 詳細
プロミス 平日や土日休日9時〜22時受付時間(一部21時まで)
アコム 平日や土日休日8時〜22時営業
※自動契約機でも、申込みから審査回答まで最短30分かかりますので、インターネット申込みをして審査回答を受けたうえで、契約手続きやカード発行のみを自動契約機で行うと時間短縮になります。

>> 急いでお金を借りるBest3!


即日振込キャッシング業者を活用しよう

今月冠婚葬祭が続いて現金がない!今日中にお金を借りたい!ときにも即日振込が可能なキャッシングが便利
現金が急に必要になってしまった時、貯金が全然ない人や、周囲にお金を借りられない人、借りたくない人の場合の借入方法は、 キャッシング業者や、クレジットカードのキャッシング枠を利用することが考えられます。 その際は、利子をよく確認してから利用するべきです。

消費者金融や銀行などからキャッシング、いわゆるカードローンを利用するよりも、 クレジットカードから現金を引き出すのが特にお得だということはないはずです。

しっかりと返済できる見込みがあるのならば、消費者金融や、信販会社、銀行などのカードローンを利用するほうが、 お得で、しかも融通が利く場合が多いです。

その理由の一つに、大手の消費者金融などでは初めてのご利用ならば、ある一定期間、無利子でお借り入れできる所があるからです。

給料日があともう少しなのに、葬儀が2回続いてしまって、 現金が足りないというような場合などはこのような無利子期間がある金融会社のカードローンを利用したほうがお得です。

金融会社などのカードローンをオススメする理由のもう一つは即日振込をしてくれる所が結構あるからです。

自分はネットで手続きをしただけで、一切外に出なくても、自分の口座に即日振込をしてもらえるのです。
※カードローンのお申し込みをする時間帯によっては即日振込にはならないこともありますので注意が必要です。

例えば、午前中にネットで申し込み・審査をして、それに通れば、 あとはただ待っていればあっという間に自分の口座に振り込んでもらえます。

どこにも出かける必要はありません。 カードローンなどを利用するのは勇気がいるかもしれませんが、別に珍しいことではありません。 返済をきちんとできるのであれば、カードローンを賢く利用するのも人生を楽しむ1つの方法です。

この記事の関連記事

1-2. 銀行でお金を借りる

銀行でお金を借りる方法

低金利でお金を借りたいと思ったときや安心してお金を借りるには、金融機関のなかでも信頼性もあって低金利の銀行からお金を借りるのが一番です! また、初めてお金を借りる場合でも、銀行でお金を借りるならスムーズですし、低金利だからこそ利息の心配も少ないので、長期借入や大口借入にも適しています。

銀行でお金を借りる方法はたくさんあります。 各種ローンには、住宅ローン(マイホームローン)、自動車ローン(カーローン、マイカーローン)、 教育ローン、トラベルローン、多目的ローンなど、 借り入れ目的にごとの目的別の専用ローンが有名ですが、カードローンのように 目的を限定せずにさまざまな使い道が可能なカードローンも人気です。

銀行でお金を借りる2大パターン

CMなどで耳ではよく聞くカードローンは実際にどんな使い方をするの? という疑問にお応えするのがこちらのコーナーです。 カードローンは、初めて利用される方でも申し込み日当日に お金を借りれるなど、即日融資に強いことがメリットと言えます。 一度カードローン契約をすれば、そのあとは借入限度額の 範囲内で何度でもお金を借りることができます。 急にお金が必要になったときでもこちらの簡単ステップでキャッシング即日が可能なので、 すぐにお金を借りたい方などは検討されると良いかと思います。 カードローンの申し込み方法や契約方法なども選べますので、ご都合の良い方法をご選択ください。 また、カードローン契約をする際に、契約料や新規カード発行手数料などの費用もかかりませんし、 年会費やカード維持手数料なども発生しませんので、ご安心ください。

銀行でお金を借りる条件
銀行でお金を借りる条件は、おおむね下記のとおりです。
年齢が満20歳以上65歳未満で、日本国内に居住していること
原則として、安定した収入があること
銀行指定の保証会社の保証を受けられること


銀行カードローンの特徴

インターネット申し込みなら24時間365日申込可能
WEB申し込みなら来店不要で気軽に利用できる
低金利でお金を借りることができる
銀行ならではの安心感と信頼感がある

安心安全な大手銀行でお金を借りるのメリットとは

一般の消費者金融、国などの公的機関、信販会社...それぞれがそれぞれの特徴を持っていますが、 中でも一番安心し、身近で借りられるのが銀行のカードローンでしょう。 銀行でお金を借りるメリットとして、まず金利の低さが挙げられます。 限度額も高く借りられるサービスが増えているので、家や車を買うときローンなど大きなお金が必要な際には、これが一番おすすめです。 お金を借りやすいのも大切ですが、返済のしやすさというのもまた、非常に大切な点でしょう。 銀行でお金を借りる方法はカードローン以外ですと、マイカーローンや住宅ローンなど使用目的を限定したローンだとさらに低い金利で借りることができます。 自分の目的に対応したローン商品がある場合は、積極的に利用しましょう。 デメリットとして注意しなければならない点は、消費者金融など他の金融機関に比べて審査にかかる時間が長く、 審査基準も厳しくなる傾向があると言われています。 そのため、以前は今日中にお金を借りたい!というような場合には銀行は対応できないこともあったのですが、 近年、即日振込をしてくれる銀行も増えてきているなど、即日融資に対応しているサービスも増えてきていることから、 急いでいる時に銀行カードローンを利用することもひとつの選択枠になりました。 今すぐ銀行でお金を借りるときのポイントとしては、 事前にしっかりと計画を立て、日にちに余裕を持ってカードローンを申し込むようにしましょう。 ※申し込みから融資まで即日振込している銀行も増えてはいるのですが、事前にカードローンを作っておくことで、余裕をもってお金を借りることができるのでおススメですよ^^ ワンポイントとしては、普段から自分が使用しているメインバンクでお金を借りると、比較的審査が通りやすいようです。 いずれの場合も、自分の目的と一番合った借入先をよく調べ、計画立てて利用するようにしましょう。

>> 銀行カードローンBest3!


この記事の関連記事

1-3. 土日にお金を借りる

銀行でお金を借りたいと思っても「土日休日だと銀行は営業時間外だし、キャッシングできないかも!?」と思われる方も少なくないかもしれません。 ですが、銀行カードローンなら、土曜日、日曜日、休日(祝日)に借り入れしたい場合でも、申し込み&借り入れが可能です。 また、土曜、日曜、休日、祭日にお金借りたいなら、迅速対応の大手消費者金融を利用すると、スムーズに借り入れできます。

土日休日にお金借りる流れ

『1』 スマホ・パソコン・ケータイなどのインターネットなどで24時間審査カードローン申し込み
『2』 審査&審査回答
『3』 自動契約機でカード受取
『4』 提携コンビニATMでキャッシング

ポイントは、24時間365日いつでもどこからでも申し込めるインターネット申込みをして、審査結果を受けたあとで、 自動契約機でお金を引き出すためのカードを受け取ることです。 直接、自動契約機で申込みをすることもできますが、 審査回答が出るまでその場で時間をつぶして待っていなければならないこともあり、待ち時間が長くなってしまうこと、 その場に留まることで人目に触れる時間が増えてしまうことから家族や友人知人職場の同僚などにバレてしまう可能性が高まってしまいます。 金曜日の夜や休前日などに、あらかじめネットから申込みを行い、メールや電話にて審査結果を受けてから、 カード発行だけササッと自動契約機で行うことで、時短につながり身バレのリスクも減ります。

土日休日借入のポイント

土日祝日も即日融資可能な大手銀行系消費者金融がベスト
ネット申込み&自動契約機でカード受取が基本
振込キャッシングは使えないので提携コンビニATMでお金の引出しを行う

>> 土曜日・日曜日にお金を借りる Best3!


1-4. 会社・家族にバレずにお金借りる

お金を借りたい!でも、カードローンを利用していることを会社の同僚や家族に知られたくない!そんなときには、4つのポイントをおさえておくと安心です。

キャッシングがバレる4つの要素とその解決方法

カードローン申込み

カードローンの申込みをしている姿を見られる可能性のある窓口申込や、申込み内容を聞かれてしまう可能性のある電話申し込みではなく、人に知られず24時間365日いつでもどこでも気軽に申し込みができるインターネット申込みを行う 申込方法はインターネット申込みが◎

審査結果の連絡

審査結果の連絡方法を「メール」にすることで、誰にも知られずに結果を受けることができます。また、電話連絡の場合はご自身の携帯電話を連絡先として指定することで、人に知られずに審査結果の確認ができます。 審査結果連絡はメール受取が◎

会社への在籍確認

カードローンの審査において、申込み基準でもある安定した収入を得ているかの確認のため、申込み段階で申請した会社に勤めているか?の在籍確認が行われます。 その際に「消費者金融会社の○○ですが、△△さんいますか?」なんて、突然、会社に電話がかかってきたらどうしよう…といった心配をする必要はありません。 各社、在籍確認では「〇〇(個人名)ですが、△△さんいますか?」といった具合に、個人名にて電話がかかってくるので、会社で電話を受けた方にもバレません。 個人名での連絡で安心◎

郵便物

契約書類や利用明細書など、カードローン会社から各種書類が送られてくる際に、家族にバレたくない!という方はご安心ください。 消費者金融などでは、下記のとおり社名ではなくパッと見で会社名がわからないような差出人名なので安心です。 また、契約手続きを自動契約機にしたり、書面の受取方法をホームページにて書面(Web明細)で確認する方法を指定することで、自宅や勤務先への郵便物の郵送を回避することができます。

プロミスの差出人名: 事務センター
アコムの差出人名: AC サービスセンター
SMBCモビットの差出人名 MCセンター
アイフルの差出人名: AIセンター

バレずにお金を借りる「ポイント!」まとめ

 

誰にもバレずにお金を借りるには、店頭でのお申込みではなく、来店不要のWeb契約でお申込みいただくのがポイントです。 また、サービスによってはお申込み時に郵送物を自宅に送らないように設定できるものも多数あるので便利ですね!

この記事の関連記事

お金借りれる!会社一覧

同時にお申込みをする際は、最大3社までがベストです(ご融資の確実性を上げるため)
休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
三井住友銀行 4.0% 〜 14.5% 最高
800万円
★★★★☆
新生銀行カードローン レイク 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★★☆
イオン銀行カードローン 3.8% 〜 13.8% 10万円〜800万円
(10万円単位)
★★★☆☆
オリックス銀行カードローン 1.7% 〜 17.8% 最高
800万円
★★★☆☆
じぶん銀行 2.2% 〜 17.5% 800
万円
★★★☆☆

1-6. 公的な借り入れ制度を利用する

国などの公的機関からお金を借りる方法は大きく分けて2つです。 ひとつは、自治体から借入する総合支援資金貸付と、国から借入する公庫といわれる金融支援機関です。

公的な借り入れ制度「総合支援資金」を利用する

総合支援資金とは、「生活福祉資金貸付制度」のなかの1つで、失業などによって生活に困窮している人が、 生活を立て直し経済的な自立を図れるようにするために、社会福祉協議会とハローワークなどによる継続的な相談支援を受けながら、 社会福祉協議会から、生活支援費、住宅入居費、一時生活再建費などの貸付を受けられるという貸付制度です。

生活支援費、住宅入居費、一時生活再建費の3つがあります

『生活支援費』
生活を再建するまでの間に必要な生活費として、2人以上の家族には月20万円までの貸付を、単身世帯の場合は月15万円以内の貸し付けを、最長12か月間行います。

『住宅入居費』
敷金、礼金など住宅の賃貸契約を結ぶために必要な資金として、40万円までの貸付を行います。

『一時生活再建費』
生活を再建するために一時的に必要かつ日常生活費でまかなうことが困難である費用(就職・転職のための技能習得、債務整理をするために必要な費用など)として、就職活動や技能習得、家賃や公共料金などの滞納の一時立て替え、債務整理に必要な費用などについて、60万円までの貸付を行います。
これらの資金は、連帯保証人なしでも貸付を受けることができるのが特徴です。 なお、貸付利子は連帯保証人がいる場合は無利子、連帯保証人がいない場合は年1.5%になります。

【貸付対象】

※貸付を行うことにより自立が見込まれる方で、下記の要件のいずれにも該当する人
≪1≫低所得者世帯(市町村民税非課税程度)で、失業や収入の減少などによって生活に困窮していること
≪2≫公的な書類等で本人確認が可能であること
≪3≫現在住居のある人、または、住宅手当の申請を行い、住居の確保が確実に見込まれること
≪4≫社会福祉協議会とハローワーク等関係機関から、継続的な支援を受けることに同意していること
≪5≫社会福祉協議会等が貸付及び支援を行うことにより、自立した生活を営むことが可能となり、償還を見込めること
≪6≫他の公的給付または公的な貸付を受けることができず、生活費をまかなうことができないこと
離職されている方が総合支援資金を利用するには、ハローワークへの求職申し込みと職業相談が必要となるため、 まずはハローワークで求職登録を行ってください。 また、総合支援資金は原則として住居がある人を対象にしているため、住居がない人は、地方自治体で実施している住宅手当の申請を行い、 今後住居の確保が確実に見込まれていることが条件となりますので、住居がない人は、総合支援資金の申し込みをする前に、 これから入居を予定している地域の自治体で住宅手当の相談をしてください。 総合支援資金の相談・手続きの窓口は、市区町村の社会福祉協議会となりますので、窓口で手続きの説明と用紙の交付を受けた後、 申請書に下記の書類を添えて提出してください。 審査の結果、貸付が決定されると、 住宅入居費の貸付金は家主・不動産業者等の口座へ、それ以外の貸付金は本人の口座に振り込まれます。

【必要書類】

≪1≫総合支援資金の借入申込書(社会福祉協議会の窓口で交付します)
≪2≫健康保険証または住民票の写し
≪3≫世帯の状況が明らかになる書類
≪4≫連帯保証人の資力が明らかになる書類
≪5≫求職活動等の自立に向けた取り組みについての計画書
≪6≫借入申込者が、他の公的給付制度または公的貸付制度を利用している場合、または申請している場合は、その状況が分かる書類(ハローワークが発行します)
≪7≫借入申込者の個人情報を、総合支援資金の貸し付けに必要な範囲において関係機関に提供することについて記載されている同意書
≪8≫住宅入居費の借り入れを申し込む場合の添付資料
    ・入居する住宅の不動産賃貸契約書の写し
    ・不動産業者の発行する「入居予定住宅に関する状況通知書」の写し
    ・自治体の発行する「住宅手当支給対象者証明書」
≪9≫総合支援資金の借用書
≪10≫その他、社会福祉協議会が必要とする書類
その他にも、求職者支援資金融資制度、母子福祉資金貸付(父子・寡婦)、年金担保貸付、緊急小口資金貸付、教育一般貸付(国の教育ローン) のように、様々な貸付制度があります。

この記事の関連記事

1-7. ゆうちょ銀行でお金をかりる

ゆうちょ銀行でお金を借りる条件として、『担保』が必要になってきます。

ゆうちょで言うところの担保とは

ゆうちょの定額貯金は下記の3つになります。

≪1≫財形定額貯金
≪2≫財形年金定額貯金
≪3≫財形住宅定額貯金
つまり、ゆうちょ銀行を利用していないと、お金を借りることができないということです。 尚且つ、定額貯金額が、担保になるだけの金額が必要になります。

利息の計算方法

毎月の利息額は、毎月の締切日までの日々の残高に対し年365日(閏年は年366日)で 日割計算した金額を1ヵ月分とし、翌月の支払期日に支払うものとします。

返済方法

返済方法は元金と利息を合わせた一定額をカードご利用代金お支払い日に、毎月、支払い口座から引落。

2-1. カードローンでお金を借りる流れ


サイフの中身がピンチ!今すぐお金を借りるには、借入目的が自由でキャッシングがスムーズなカードローンがベストです。 こちらでは、初めてお金を借りる方にも安心な銀行カードローン&大手銀行系カードローンを中心に情報を公開してます!

カードローンでお金借りるための基本的な流れはこちらになります。 大手銀行や大手消費者金融では、スマートフォン、パソコン、ケータイなどによる インターネット申込に対応しているので24時間365日いつでも申し込みを行えるため、 曜日、時間を選ばずにいつでも申込み可能です。

インターネットなら、契約申し込み前にお金を借りることができるかの簡単診断もできるので、 いざ申し込んだらNGだった…といった無駄もありません。
土日祝日やお出かけ先での待ち時間などにも有意義に利用できるのでとても便利です!

カードローン申し込みの流れ

『1』 インターネットなどで24時間申し込み
『2』 審査&審査回答
『3』 契約(カード受取)
『4』 借り入れ

契約に必要な本人確認書類

銀行カードローンの契約をする場合、本人確認書類が必要となります 。
運転免許証
パスポート
健康保険証
外国人登録証明書 など
また、借入限度額が100万円を超える場合など一定金額を超える際に 、 源泉徴収票、確定申告書、納税証明書、住民税決定通知書などの所得 証明書が必要になる場合があります。

銀行のカードローンでお金を借りる:豆知識

初めてお金を借りる方は、お金を借りること自体に不安を感じたりしますよね! そんな方がお金がなくて困ったときには、銀行でお金を借りる方法を検討されてはいかがでしょうか。 大手銀行のカードローンなら、安心感も違いますし、なにより銀行店舗も全国に多数あるので、借り入れ時も返済時にも大変便利です。

継続的にお金が足りないのであれば、根本的な解決方法を探さなくてはなりませんが、 単純に、月末のお給料日に一時的にお金が足りないといった場合や、 たまたま今月は出費がかさんでお金がないといった場合には、カードローンなどを利用して借りると便利です。

カードローン即日振込みまとめ

カードローンは、申し込みからお金を借りるまでの手軽さが特徴です。 カードローンなら、申し込み当日にお金を借りることもできますし、 提携コンビニATMから24時間いつでもお金を引き出すことができます。 インターネットで24時間いつでも申し込みができるので、手間もかかりません。

この記事の関連記事

2-2. 申込条件と必要書類とは

キャッシングを行う際の申込み条件は会社によってさまざまですが、下記の申込み条件を満たしていれば、アルバイト、パート、契約社員の方などでも気軽に申し込めます。 借入限度額は収入とのバランスをみて決定されますが、「単発でたくさんの収入がある」ことよりも「少額でも長く安定的に稼ぎ続けている」ことのほうが重要となります。

カードローン申し込み条件とは

年齢制限(満20歳以上65歳や69歳以下の方など、上限は会社により異なります)
安定した定期収入のある方
審査基準を満たす方(指定の保証会社の保証を受けられる方)
ほかにも「日本国内に住居を構えている方」など、業者によって条件が追加される場合もありますが、上記が基本条件となります。 年齢や収入に関しては明確な基準となるため、申込の段階ではっきりと「条件を満たしている」と言い切れますが、 『審査基準を満たす方』という借り入れ条件がネックとなります。 万が一、審査に落ちた場合でも、 カードローン会社のほうからは理由は明かされませんが、この『審査基準を満たす方』や『指定の保証会社の保証を受けられる方』がポイントとなるのは間違いないでしょう。

カードローン必要書類とは

本人確認書類

運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、個人番号カード、在留カード、特別永住者証明書などの顔写真がついている公的証明書
顔写真つきの証明書がない場合には、健康保険証とあわせて住民票、公共料金の領収書(電気、ガス、水道、固定電話(携帯電話は不可)、NHKなど)、納税証明書など

審査結果の連絡

源泉徴収票の写し、所得証明書の写し、確定申告書の写し、給与明細書の写し、税額通知書の写しなどの現在の収入を証明する書類のコピー
おまとめローンや大口借入など、借入希望額が大きくなると、収入証明書の提出を求められることがあります。 50万円以上〜100万円以上〜200万円以上〜300万円以上〜で提出など、会社によって異なります。 また、消費者金融の場合は、希望額が50万円を超える際や、希望の借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超える際にも、収入証明書が必要となります。

2-3. 職場への在籍確認について

カードローンを利用するうえで気になるのが、職場への在籍確認です。 キャッシングはすでに一般的なものとなってはいますが、やはり、会社の人や家族、友人知人などにはバレたくない…という気持ちがあるものです。 こちらでは会社への在籍確認についてチェックしていきましょう。

在籍確認の目的

カードローン申し込みの条件として、年齢制限のほかに「安定した収入を得ていること」というものがあります。 そのため、ほとんどの業者で「申込み時に申請した会社に、本当に勤めているのか?」といった在籍確認は、必須と言えます。 なかにはこの在籍確認を行わないキャッシング業者などもありますが、借入限度額が少額だったり、 電話での在籍確認ではなく別の方法での在籍確認が行われたり…と、なんらかの制限や方法がとられます。

在籍確認でキャッシングがバレることはないの?

職場への在籍確認では、消費者金融の場合は会社名ではなく個人名で電話がかかってきますので、カードローンの利用を疑われることはありません。 なお、銀行の場合はそのままストレートに銀行名で電話がかかってくるので、銀行名で電話をかけられたくない!という方は、 事前に「個人名で電話をかけてほしい」と要望を伝えましょう。

2-4. 審査に通らない理由とは

金融会社にカードローンの申込みをしても、100%必ずしも審査に通るわけではありません。 審査に落ちる原因はさまざまですが、 「自身の収入と合っていない金額の借り入れを申し込んだ=まずは少額で希望してみる」「借入件数が多い=おまとめローンで借入件数をまとめてみる」など、なかには対策を練れるものもあります。 また、金融機関のなかでも審査基準が異なるため、審査に通りやすいキャッシング会社もあるため、ご自身にあった業者を選ぶことも重要です。

審査に通らない理由とは

信用情報機関に登録されている(過去に返済遅延などがある)
審査基準を満たしていない
借り入れ件数が多い
短期間で複数の金融機関に申し込みをしている
消費者金融の場合、総量規制に引っかかっている

審査を通しやすくするためのポイント

収入にあった無理のない金額で借入申告する
短期間に複数の金融機関に申し込みは行わない(同時申込みは2件くらいまで)
正しい情報で申告する

キャッシング審査は、信用情報機関のデータと照らし合わせて行われるため、誤った情報はすぐに洗い出されてしまうこともあり、正しい申請が必要です。

2-5. お金を借りる際の金利と利息とは

お金を借りる際に、必ず記載されている「金利」についてご説明します。 一般的に「金利」とは、貸付金や預金に対する利子や利息のことですをいいますが、 キャッシングの場合の金利とは、元金に対する利子の比率や利率のことをいいます。

「金利」とは、借り入れ金額に対する利子(利息)の割合をパーセンテージ(%)で表したものです。 ※利子は利息と同義語として扱われる場合があります。

★もっと分かりやすく..


金利と利息とは

利息とは、お金を借りた際の対価として、貸付金額と貸付期間とに比例して一定の割合(利率)で 支払われる金銭のことをいいます。 つまり、利息とはお金を借りた際のレンタル料のようなものです。 金利とは借りたお金に対するレンタル料を計算するための割合(率)を、パーセンテージで表したものです。

<消費者金融>
アコム 3.0%〜18.0%
SMBCモビット 3.0%〜18.0%
プロミス 4.5%〜17.8%
アイフル 4.5%〜18.0%

<銀行>
オリックス銀行カードローン 1.7%〜17.8%
じぶん銀行 2.2%〜17.5%
イオン銀行 3.8%〜13.8%
三井住友銀行カードローン 4.0%〜14.5%
新生銀行カードローン レイク 4.5%〜18.0%

例)プロミスの利息を計算


その金利は適正ですか?

キャッシングの金利はお金を貸す業者によって様々です。 もっとも、制限なく自由に決められるわけではありません。 利息制限法という法律が設けられており、元本が10万円未満なら20%まで、10万円以上100万円未満なら18%まで、 100万円以上なら15%までという上限が定められています。 各業者はこの上限の範囲内で、それぞれの経営方針に基づいて金利を定めています。 借入金額ごとに適用利率を変えるところもあれば、収入などの個人の信用力に応じて審査で適用利率を決めるところもあります。 そのため、何処で借りるのか、また、適用利率がいくらになるのかで利息の負担額や返済の負担感が大きく違ってくることがありますから注意しましょう。 適用されるキャッシングの金利は、申込時に分かるのではなく、通常は審査がおりたとき、または契約書面で示されます。 それに納得がいったときのみ契約し、借り入れを行うようにしたいものです。 たとえば、単純計算で金利をシミュレートしてみると、50万円を3年間借りた場合、適用利率がいくつになるかで、次のような差が出ます。 もし、利率が10%であれば3年間の利息負担額は80,404円ですが、これが上限の18%となると147,073円となり、60,000円以上の差がでるのです。 なるべく低い金利のところで借りるのが、賢明といえるでしょう。 一方、もし金利が利息制限法の上限を超えている場合には、それは悪徳業者かヤミ金と呼ばれるところですので、絶対に借りてはいけません。 キャッシングの金利は適正か、必ず確認しましょう。

お金を借りる前に【まとめ】

返済は利息もつけて行うことになりますので、事前に返済シミュレーションなどで返済金額や回数などをチェックする。 事前にサービスを提供している会社情報をしっかり調べる。 審査に通りやすいポイントは、勤続年数や、安定した収入を得ていることが重要です。 (これがクリアされていれば、アルバイト・フリーターや主婦の方もお金を借り入れできる可能性ありです!)

2-6. お金を返済する方法

お金を借りた後は、返済をしなければなりませんが、返済方法には一体どういったものがあるのでしょうか。 各社返済方法はさまざまありますが、ほとんどの場合の返済方法は、下記の3つになります。

@インターネットを利用して返済する

パソコンやケータイ、スマートフォンから銀行振込で返済ができるので、基本的には365日24時間自宅から返済できます。

A口座振替で返済する

口座振替で毎月口座から自動引落できます。 手数料無料でできるサービスも多々あります。

B店舗やATMから返金する

全国展開している店舗がある場合は、お近くの店舗ATMを利用するか、 全国の提携ATMや、提携コンビニに設置されている端末からの返金が可能です。
例)セブンイレブン、ローソン、ミニストップ、ファミリーマートなど

C銀行振込で返金する

銀行から口座へ振り込み返済が可能です。 この場合、振込手数料がかかる場合があります。

この記事の関連記事

2-7. 銀行OR消費者金融どちらでお金借りる?

銀行は消費者金融よりも金利が低めになっているのが魅力ですが、即日融資に対応している銀行が消費者金融よりは少ないです。 消費者金融では銀行より金利が高めになっておりますが、即日融資を対応しているサービスも多く、お急ぎの方には大変便利です。

銀行と消費者金融の比較

審査速度 金利 土日休日審査対応
▼ 銀 行
低金利
重視

普 通

低 め

会社による
▼ 消費者金融
スピード重視

早 め

高 め

ほぼOK

※会社によって詳細は異なります。


「どっちでお金を借りる?」まとめ

現在、昔よりはるかにサービスの利便性が広がり、受け取りや、借り入れ方法など、さまざまな状況に合わせて選択できるようになりました。 消費者金融も銀行もとても便利に利用意できるので どちらかが良いということではなく、目的や状況に合わせて借入先を使い分けるとよいでしょう! なた、消費者金融も銀行も大手から借り入れするのが安心のポイントですね!

3. 安心してお金を借りるには

働き方が多様化している現代の社会においては、たとえ雇用形態が正社員ではなかったとしても、 それだけで安定性に欠けると判断されることはありません。

金利が異常に高いなど、返済時に負担のかかる設定をしているヤミ金などに注意をしましょう! お金は借りすぎない、借り入れ前に返済シュミレーションをするなど、事前に借り入れから返済までのお金の流れを把握しておくことで、 後々の負担にならない安心してお金を借りることができますね!

お金を借りる場合、長期間組むローンや、短期間での一時的な借り入れをしたい。 銀行でお金を借りる、消費者金融で即日振込したいなど、理由は人それぞれ違いがありますが、 借り入れをするにはどんなものであっても条件や審査があります。 まず、融資可能かの判定基準はズバリ!返済能力があるかどうかになるます。

お金を貸す側としても、やはり返済能力のない人にはお金を貸すことはできませんので、 融資の前には審査が行われることが一般的です。 まず、借り入れ希望者が本人であることを確認しなくてはいけませんので、 運転免許証やパスポートなど身分証明書の提出を求められます。

さらに、安定した収入が、安定した返済に繋がりますので、現在の収入や勤続年数などがチェックされますし、 消費者金融を利用する場合などは総量規制がありますので、現在の借り入れ状況もチェックされます。借入件数などの入力も必要です。 収入については正社員の方はもちろんですが、安定した収入がある方ならアルバイトや派遣社員の方、 自営業の方にも対応している業者は多いです。

しかし、極端に収入が低い場合などは仕事を持っていても、審査にクリアできない場合もあります。 借入件数は少ないほうが有利ですが、すでに借り入れがあっても、少額であればお金を借りることができる可能性もあります。

審査にクリアすると本手続が行われ、融資が受けられる形となります。 急いでいる場合は即日融資(即日振込)にも対応している即日発行のカードローンがとても便利です。 より安心して借りるためには会社の信頼性はとても大事ですので、評判はしっかりチェックしておきましょう。

3-1. 正社員

正社員はお金を借りるのに有利?

正社員の方は、勤続年数が長く、安定した収入が毎月あると確認できれば、月々の返済がきちんとできるとみなされるため、審査に通ることが出来ます。 しかし、正社員であっても、複数のサービスからお金を借りている、返済が滞っているなどの場合、審査の与信に通らないことがあります。 また、新入社員でもお金を借りることや即日振り込みもできますが、勤続年数がほとんどない場合は数十万円と小額しか借入できないこともあります。 いずれにせよ、借りすぎに注意しましょう。

3-2. 契約社員・派遣

契約社員の方へ 上手にキャッシングを利用するコツ

お金を借りるにあたって行われるキャッシングの審査において、重要視されるのは安定性です。 それを聞いて、「自分は正社員ではなく契約社員だから、雇用形態の面で安定性に欠けると判断されてしまうの?」 と不安に思う方もいらっしゃるでしょう。 しかし、その心配は全くの杞憂です。 働き方が多様化している現代の社会においては、たとえ雇用形態が正社員ではなかったとしても、それだけで安定性に欠けると判断されることはありません。 あくまで収入さえ安定していることを証明できればいいので、前年や直近数か月に一定以上の収入を得ていることが証明できる書類があり、職場での在籍確認さえ取れるのであれば、契約社員でも審査に通過できる場合が多いのです。 ただ、契約で一時的に勤務しているだけの職場に、在籍確認の電話をかけて来られるのは困ってしまうという方も多いのではないでしょうか。 その場合は、確実にその職場に勤務していることを証明できる書類などを提出することができれば在籍確認の電話は免除してくれるようなキャッシング会社も少数ですが存在しているので、そうした会社での借り入れを検討してみると良いでしょう。 ちなみに、契約社員の方の中には正社員の方に比べて、著しく月々の給料が少なく設定されている方もいらっしゃるでしょう。 そういった方は、キャッシング会社に年収額を申告する際に、単純に月収を12か月分足し合わせた額だけを申告してしまうと、借り入れ可能な収入基準に満たなかったり、基準をクリアしてはいるけれど借り入れ可能な枠がとても小さく設定されてしまったりしがちです。 もしも月収とは別にボーナスを受け取れている場合は、そのボーナスも含めて年収額を申告して良いことになっています。 なので、無事満足のいく金額のお金を借りることができる確率を上げるためにも、ぜひボーナス込みの年収額を申告するようにしてみてください。

この記事の関連記事

3-3. 学生

学生がお金を借りる事は出来るのだろうか?

学生がお金を借りる事は出来るのだろうか?学生がお金を借りるには、安定した収入があれば可能です。勿論正社員である必要は全くなく、アルバイトで良いので毎月コンスタントに稼ぐ事が出来ていれば問題ありません。 学生がお金を借りるには、安定した収入があれば可能です。 勿論正社員である必要は全くなく、アルバイトで良いので毎月コンスタントに稼ぐ事が出来ていれば問題ありません。 ただ年齢制限があり、基本的には20歳以上である必要があります。 さらに申し込むプランによっては保護者の同意が必要となる事もあるので注意しましょう。 事前にこれらについては調べておく必要があります。 学生向けのキャッシングは、低金利の物が多く、さらに月々の返済額の下限もかなり少なくなっている物もあるので、アルバイトをしているだけでも返済は可能です。 ただ借入額によっては次第に自転車操業の様になってしまう可能性があるので、借りられるからと言って借り過ぎる事はないようにしましょう。 ただ、大学に入ると高校時代とは比べものにならない程、付き合いでどこかに行く事が増える場合もあります。 では、大学生や短大生の18歳、19歳の学生の方はお金を借りる事が出来ないのでしょうか。 これに関しては、金融機関によりますが、保護者の同意があれば借りられる場合もあります。 未成年の場合は、保護者の同意書が必要になりますが、親に知られたくないからといって、保護者の同意書を子ども自身が勝手に書いてしてしまうと有印私文書偽造となります。 前述したように金融機関からお金を借りる基本的な条件は、20歳以上からという年齢制限があります。 その条件を念頭に置いておき、未成年の場合は金融機関からお金を借りないようやりくりしましょう。

この記事の関連記事

3-4. アルバイト・フリーター

アルバイトの方はキャッシングができるの?

アルバイトの方も継続的に働き、安定した収入を得ている人なら借り入れ契約ができるのです。ただ、もちろん審査はありますので、安定した収入があっても各社が定める返済能力の基準を満たすことは前提となっています。 アルバイトで働いている方も、お金を借りたいと思う時があります。 しかし正社員と比べるとどうしても安定した働き方をしているとは言えず、収入も少ないため返済能力を考えたときにはあまり条件が良くないという問題が生じてしまいます。 借り入れは返済能力が重視されるので、となるとアルバイトで生計を立てる人が金融会社からお金を借りることはできないのでしょうか。 実際、アルバイターですと返済能力は高くないため、大金を融資してもらえることはありません。 しかし絶対に不可能というわけではなく、キャッシングなら融資をしてもらえる可能性があります。 キャッシングは少額融資商品ですので、そこまで高い返済能力を求められることはありません。 そのため、融資の最低条件としては、安定した収入を持っているということがあげられています。 つまり、アルバイトであっても継続的に働き、安定した収入を得ている人なら借り入れ契約ができるのです。 ただ、もちろん審査はありますので、安定した収入があっても各社が定める返済能力の基準を満たすことは前提となっています。 そこで、契約にあたり重要になってくるのは、自分の条件に適したキャッシングを選ぶということです。 審査基準は一様ではなく、各社で変わるため、自分の条件で審査が通りそうな会社を選んで申し込みましょう。 融資額や金利は気になりますが、いずれにしても審査に通過しないことにはお金を借りることはできないので、アルバイターは各社の審査基準が一番の決め手になります。

3-5. 専業主婦・パート

専業主婦がお金を借りる

専業主婦がお金を借りるには!?主婦の方でもパートやアルバイトで収入のある方の場合は申込ができることも多いですから、まずは簡易審査などで確かめてみると良いでしょう。 急な出費が発生したときはとても焦ってしまいますが、キャッシングなら審査や融資に迅速に対応してくれますので、即日にも融資が可能なことも多く、急いで現金を用意したときはとても便利なものとなっています。 でも、とても便利なキャッシングも誰もが利用できるというものではありません。 まず、お金を借りると利息もつけて返済していかなくてはいけませんから、その人に返済能力があるかは審査されます。 特に消費者金融の場合は総量規制があり、年収の3分の1を超える貸付はできなくなっていますので、収入がないという場合はさすがに利用は見送られることとなります。 専業主婦の方で、まったく仕事を持っていないと当然ですが、審査はクリアすることができません。 主婦の方でもパートやアルバイトで収入のある方の場合は申込ができることも多いですから、まずは簡易審査などで確かめてみると良いでしょう。 そして、まったく仕事がない方の場合でも銀行のカードローンを利用すれば融資を受けられる場合があります。 そして少額の利用であれば収入を証明できる書類も発行せずに済ませられることも多いものです。 専業主婦の方の場合は収入がないこともあり、借入できる額には限りがありますが、それでも少し生活費が足りないなどの少額の利用にはとても便利と言えます。 金利も消費者金融よりも安くなっていますのでより安心して利用できるのではないでしょうか。

この記事の関連記事

3-6. 事業主

事業主がお金を借りる

公的な金融機関は、政府系金融機関とも呼ばれ、事業にかかる資金を借り入れすることができる中小企業の強い味方です。 銀行等とは違い営利を目的としていため、金利が低金利で返済期間が長いのも特徴です。 例)事業の立ち上げ資金や、運転資金などの借り入れができます。 ただ、借り入れの際には、将来の計画を見据えた提出書類が重要になってきますので、どのように明るい経営を実現してゆくのか未来がしっかりイメージできる経営計画書を提出しましょう。

3-7. 未成年

未成年がお金を借りるのはやめましょう!

18歳未満の未成年がお金を借りることは基本的にできません。 もし、キャッシング申込みをしても審査で落ちてしまいます。 どうしてもお金を借りたい場合は、親権者の同意が必要になりますが、それよりも、 アルバイトなどで短期集中でお金を稼いでしまった方が早いです。 日雇いや週払いなどの支払い形態も多様化していますので、事前にこういった支払いが可能かチェックした上で働きましょう。

4-1. 貸金業法改正「総量規制」について

『貸金業法』が、平成18年12月20日に交付され、平成22年6月18日完全施工されたことを、ご存じでしょうか。 いざ、お金を借りるときに、関わってくることがあるかもしれませんので、ぜひチェックしてみてください。

▼総量規制とは

個人の借入総額が、原則、年収などの3分の1までに制限される規制です(一部除外または例外となる借入れもあります) ただし、総量規制の対象となるのは、「個人向け貸付け」のみとなります。

▼総量規制『配偶者貸付け』

原則として個人ごとに年収等の3分の1までに制限する総量規制ですが、 例外として、配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付けが可能となるのが、例外の貸付けである『配偶者貸付け』です。

『配偶者貸付け』においては、配偶者の同意と配偶者(夫婦関係)であることを証明する書類が必要となります。

たとえば、妻の年収が60万円の場合、『総量規制』と照らし合わせますと、原則として年収などの3分の1までにあたる20万円までしか借入ができません。

ただし、夫(配偶者)の年収が240万円だった場合、妻は夫(配偶者)の年収と併せて、300万円の3分の1である上限100万円の借入れが可能となります。 これが例外の貸付けである『配偶者貸付け』です。

この場合、夫の同意と住民票など夫婦関係を証明する書類の提出が求められます。 また、この場合では、妻が100万円の借入れをすることで、300万円の3分の1である上限100万円の借入れをしてしまっているので、夫は貸金業者からの借入れが制限されます。

▼収入証明書類の提出

貸金業者が自社からの貸付けが50万円を超える場合か、複数の貸金業者からの貸付合計が100万円を超える貸付けを行う場合には、 収入を明らかにする書面の提出が必要となります。

『収入証明書類』とは、源泉徴収票、所得証明書類、その他の証明書類(支払調書、納税通知書、青色申告決算書、確定申告書、収支内訳書、年金証書、年金通知書、給与の支払明細書など)

『配偶者貸付け』の場合には、配偶者の同意書や夫婦関係証明書面等の提出が必要となります。

▼個人事業主の借り入れについて

個人事業主に対して、貸金業者が総量規制を超える貸付けを行う場合は、事業計画や収支計画及び資金計画などに照らしあわせて、返済能力を確認する必要があります。

▼指定信用情報機関制度の導入

個人向け貸付けの総量規制の実施に伴い、『指定信用情報機関制度』が導入されました。

信用情報の適切な管理などの条件を満たす信用情報機関制度が導入されたことにより、 貸金業者が借り手の総借入残高を把握できる仕組みが整備されました。

なお、指定信用情報機関は相互に残高情報などの交流(個人信用情報の交流)が義務付けられています。

▼上限金利の引き下げ

出資法の上限金利が20%に引き下げられました。

4-2. ヤミ金とは

法律により貸金業を行う業者は登録が必要になっています。 なので以前まではその登録をせずにモグリで貸金業を行っている業者のことを、「ヤミ金業者」と呼んでいました。

しかし最近では、登録自体は行っているものの正当な貸金業とは言えない活動をしている業者も存在するため、上限金利29.2パーセントを超える利息で貸金業を行っている業者、または支払いが滞った時に暴力的・威圧的な態度や言葉で顧客を脅したり厳しい取り立てを行ったり、多重債務者など他のキャッシング会社ではお金を貸さない人達をターゲットにして強引に貸したお金を回収する人達のことも、同様にヤミ金業者と呼ぶようになっています。 そんなヤミ金の現状はというと、インターネットやテレビを含めた様々なメディアでの呼びかけや対策法の成立もあり、世間一般的に怖いものというイメージが定着しています。 そのため近頃では、一見してそれだと判別しづらい業者が増えてきているのが特徴の一つといえるでしょう。

たとえば有名なキャッシング会社の名前を悪用するケースでは、その会社の子会社であるかのように装ったり、よく見ないと気づきにくいよく似た名前を使用したり、中には全く同じ会社名を騙るケースも出てきています。 それ以外では街頭で配られているビラや広告などで、無担保や無保証人といった、借りる側から見て条件が良すぎる宣伝文句が書かれている時も業者が関係しているケースがあり、そこから別の詐欺やトラブルに発展する場合もあるようです。

5-1. 銀行一覧

中央銀行
普通銀行

2.1 都市銀行

2.2 地方銀行

2.2.1 北海道(北海道財務局)

2.2.2 東北(東北財務局)

2.2.3 関東甲信越(関東財務局)

2.2.4 北陸(北陸財務局)

2.2.5 東海(東海財務局)

2.2.6 近畿(近畿財務局)

2.2.7 中国(中国財務局)

2.2.8 四国(四国財務局)

2.2.9 九州・沖縄

2.2.9.1 福岡財務支局管轄

2.2.9.2 九州財務局管轄

2.2.9.3 内閣府沖縄総合事務局財務部管轄

2.3 第二地方銀行

2.3.1 北海道

2.3.2 東北

2.3.3 関東甲信越

2.3.4 北陸

2.3.5 東海

2.3.6 近畿

2.3.7 中国

2.3.8 四国

2.3.9 九州・沖縄

2.4 新たな形態の銀行

2.4.1 ネット銀行

2.4.1.1 流通系

2.5 かつての長期信用銀行・商工組合中央金庫(LONGS加盟行)

2.6 ゆうちょ銀行

2.7 外国銀行の日本法人

信託銀行

この記事の関連記事

お金を借りる【2大ランキング】

スピード借入 銀行で借入
すぐにお金を借りたい!という方は即日融資可能な銀行系をチョイス!! 銀行でお金を借りたい!安心感がほしい!という方は大手銀行をチョイス!


PAGE TOP