お金借りるための情報1

お金の貯め方は普段の生活を見直す所から
お金借りるための情報1
コンビニATMが代行している業務とはなくてはならない業務です
システム金融の仕組みとその特異性
一人で悩まず、借金問題は日本弁護士連合会「弁護士会の法律相談センター」へ
任意整理とは相談して決める債務整理
債務の返済ができなくなる債務不履行とは
債務者と債権者の間で取り決めができる約定利率
噂のヤミ金とは
固定金利と変動金利どっちがお得?
地域密着の地方銀行だからこそできるサービス
審査に影響を与えるポジティブ情報とネガティブ情報
月々の返済額の内訳を計算するのが年金利回り法です
法人カードの種類にはビジネスカードとコーポレートカードがあります
特定扶養控除も時代と共に変化している
都市銀行の崩壊と崩壊後の銀行について
随時返済は繰り上げで返していく方法です
簡単な手続きで良いANAダイナースコーポレートカードでお金を借りる方法



どちらの条件で選ぶ!?お金を借りるときの【2大条件】

銀行カードローン 銀行系消費者金融



無利息残高が出たらどうする?

お金を借りたなら利息がつくのが当たり前なのに、無利息になるなんてどういう意味なんだろうと思った方、消費者金融でお金を借りたとしても、無利息になることがあるんです。
それが、無利息残高というものです。
例えば、消費者金融からお金を借りて、残高が10800円になっていたとします。
ATMで10000円返したら、10800円引く10000円で残高は800円です。
ところが、800円なんてATMで返済することはできません。
たとえ1000円札を入れたとしても、お釣りなんて出ないので注意しましょう。
この場合の800円が無利息残高ということになります。
1000円未満になってしまった残高のことをこう呼ぶのです。
この残高には利息は付きませんので、そのまま放っておいても大丈夫なので安心してください。
では、この残高はどうやったら消えるのかといいますと、次回の借入時にまとめて返済することになります。
なので、次回借りるまで放っておいても大丈夫なわけです。
この状態なら、利息はまったくつきませんし、手数料がかかるわけでもありません。
もし、無利息残高を残したくないという場合は、銀行振込か店頭窓口で返済をして、1000円未満の残高を残さないようにすればいいだけです。
それと、消費者金融を5年以上利用しないと、契約がなかったことになってしまいます。
それでは次利用する時にまた審査が必要になるため、それを避けようとわざと1000円未満の残高を残す方もいるようです。

PAGE TOP