月々の返済額の内訳を計算するのが年金利回り法です


借りたお金を返済するときには、利息も一緒に返さなければいけません。 年金利回り法とは、この利息を計算する方法のことです。 また、もともと借りているお金のことを元金と呼び、1年間の借金の利息のことを年利と呼びます。 例えば、10万円のお金を借りていたとしましょう。 このときは元金が10万円です。 そして、金融機関が決めた年利が18%なら、1年間の利息は1万8,000ですから、1年後に11万8,000円を返済すれば、借金は0円になります。 日本のキャッシングでは、毎月返済する場合がほとんどですから、年利を365日で割り算して月々の利息が算出されるのです。 このため、10万円を年利18%で借りて毎月1万円ずつ返済する場合、1か月の利息は、元金(10万円)×年利(18%)÷365日(一年分)×借りている日数という数式で計算します。 例を挙げると、借りた日から1か月後(30日後)の返済利息は、10万円×18%÷350日×30日=1,479円です。 つまり、その月の返済額1万円から利息の1,479円を引いた、8,521円が元金となります。 1万円を返済したからといって、借金の残りの金額が9万円にはならないのです。 毎月返済しているのに借金がなかなか減らないと感じる人は、事前に金利の計算をしていないことが多いのです。 金利の計算法を知っていれば、実際にどれだけの利息を支払わなければならないのかが事前に分かり、返済計画を立てやすくなります。

どちらの条件で選ぶ!?お金を借りるときの【2大条件】

銀行カードローン 銀行系消費者金融


PAGE TOP