任意整理とは相談して決める債務整理


お金を借りすぎてしまって、もはや返済する目処が立たないということもありえることですが、このようなときには債務整理を行う事が必要となります。
一旦債務を何とかして返済できるような形にするか、あるいは借金を帳消しにしてもらうという手続きを債務整理と呼びます。
債務整理の一つとして任意整理があります。
「任意」とは、してもしなくても良いというように考えれば良いでしょう。
自己破産も債務整理の一つですが、これは法的な強制力を持って行う債務整理です。
これに対して任意整理では法的な挙勢力がありませんから、債権者は応じる必要はありません。
債権者としては、貸したお金をきちんと返してもらいたいと考えていますから、法的な強制力のない債務整理に応じなければならないというわけではありません。
それでも応じてくれる場合が多いのですが、その理由は自己破産をするよりもマシだからです。
もしも債務者が自己破産をした場合、債権者としてはほとんど返還されないと言うこともあり得ることでしょう。
貸し付けた資金を回収できなくなると、それこそ大きな損失となってしまいますから、それよりは債務整理に応じたほうが良いと判断する事があり、このような条件では任意整理が成立します。
自己破産と異なる点は、実際にどのようになるのかが交渉次第だと言うことです。
完全に借金がなくなるということはあまりなく、例えば将来的に発生する利息をカットしてもらって、現在の残金を少しずつ返済していくというようなないようになることが多いです。

どちらの条件で選ぶ!?お金を借りるときの【2大条件】

銀行カードローン 銀行系消費者金融


PAGE TOP