債務の返済ができなくなる債務不履行とは


銀行からお金を借りる方にも気になる情報ですが、契約に基づいた債務の返済ができなくなる状態を債務不履行と言います。
履行遅滞・履行不能・不完全履行の3種類があり、ローン利用における債務不履行で多いのは履行遅滞になります。
返済日までに返済できない状態が続くと、電話・封書で取立てをされますが、それでも返済できない場合は、一括請求、強制執行、財産の差し押さえとなります。
銀行でお金を借りるあとに返済できなくなるケースは、債務者に返済の意思がない場合だけでなく、意思があっても返済できないケースも含まれます。
例えば、収入が大幅に減って返済を続けていけない、担保にするはずの不動産が消失してしまった、などなど。
債務不履行のデメリットは、金融機関側からの信用を著しく低下させ、延滞を続けると遅延損害金という損害賠償が発生して、利息の返済とは別に支払うことになります。
損害金の発生は利息と同じ利率となっており、遅延した日数に対して付加されていくものです。
さらに、銀行 借りる際にブラックリストに登録されるため、ローンの新規契約はできなくなり、クレジットも組めなくなります。
ブラック登録される期間は5年程度となるため、ローン生活が当たり前となった方にとっては、大きなダメージでしょう。
債務返済ができない場合の対処法としては、債務整理をするのが現実的です。
家計を圧縮して返済できるレベルならば、自力返済は可能な状態ですが、シミュレーションをして返済が完全に不可能だと判断されたら、債務整理に移行することになります。

どちらの条件で選ぶ!?お金を借りるときの【2大条件】

銀行カードローン 銀行系消費者金融


PAGE TOP