特定扶養控除も時代と共に変化している


日本に住んでいれば税金を納めることになりますが、子供を育てている世代は自分達の生活の他に子供の費用がかかる為大変でもあります。
その為そういった方達が少しでも楽になるように、特定扶養控除があります。
どういったものかというと、現時点で年齢が16歳以上23歳未満の人に対する所得税や住民税の控除になります。
この年齢くらいになると、子供が義務教育の小学校や中学校の頃よりも負担は大きくなり、家計を圧迫するようになるのです。
そのうち、16歳以上から18歳までは23年度から上乗せで控除されていた12万円分が廃止になっています。
19歳以上から22歳までに関してはそのまま控除される額は変わりません。
特定扶養控除額は見直しをされていて、平成22年から変わっている部分が多くあります。
その背景には、民主党政権の時に高校の実質無償化を行うために見直しをされたのですが、今までの家計の支出がこの制度に代わることにより、中にはより多くの支出が出てしまう家庭も出てくるでしょう。
実はその家庭の年収によってもこの税額は変わってきてしまう為、年収が300万円の家庭と1000万円の家庭では差が出てきてしまうのです。
どういった理由で税額の控除がなくなり支出が増えてしまったのかは、この特定扶養控除が関わっている家庭もありますので、調べることもできます。
その他にも扶養控除には様々な種類があるので、税金の支出が変動している方はこういった扶養控除が関わっています。

どちらの条件で選ぶ!?お金を借りるときの【2大条件】

銀行カードローン 銀行系消費者金融


PAGE TOP