免責とは


免責が決定すれば自己破産ができます

免責とは、簡単に言えば責任を免除してもらうことです。
借金においては、その返済の責任を免除してもらうということであり、要するに借金はチャラ、返済をする必要がないということになります。
もしも借金の返済を免除してもらいたいのなら、自己破産にて行うことができます。
ただし、自己破産=免責ではありません。
単純に自己破産の申し立てをすれば借金がチャラになると思っている方が多いですが、破産申立てをすれば一様に借金免除というわけではなく、破産申し立ては、その免除の決定を得るために行うものです。
要するに、破産の申し立てをしていくつかの段階を踏み、最終的に免責決定がなされるということですね。
決定が下れば、借金は免除となります。
自己破産は債務者の救済制度であり、破産する側にとっては大きなメリットを得ることができる方法です。
そのため、誰でも無条件に借金が免除できるとなると、それこそ金融業界自体が成り立たなくなってしまう可能性もあり危険です。
そこで設けた条件が、ギャンブルなど浪費のための債務、公租公課(税金関係)、重大な過失がある損害賠償といったものは支払い責任を逃れることはできないとしています。
ただ、過剰に不安視する必要もなく、このように最低限の規定がクリアできれば、基本的には破産申し立てをすれば借金は免除されるとのことです。
いずれにしても素人が行える手続きではないため、自己破産を検討する方は弁護士など法律家を頼った方がいいでしょう。

どちらの条件で選ぶ!?お金を借りるときの【2大条件】

銀行カードローン 銀行系消費者金融


PAGE TOP