信用金庫とは


信用金庫は地域に密着している非営利法人

信用金庫と呼ばれるところは、全国に存在します。
日本のどこに住んでも、便利に利用をする事ができる会社となります。
実は銀行と同じように預貯金などを預ける事などもできますが、経営理念の上では違いがあるのです。
まず、銀行というのは主な取引先が大企業となるので、あまり中小企業と取り引きを行う事は少なくなります。
それは銀行自体が株式会社だからでもあります。
それに比べて銀行のように利益が第一ではない信用金庫では、地域の方が利用者となってお互いに地域の活性化を図る金融機関になるのです。
決して利益だけを目的としている訳ではありません。
銀行のような大企業を取引先にするのではなく、主に中小企業などの地元の企業を相手にしています。
信用金庫は株式会社ではなく、組合員の出資による共同組合の非営利法人にもなります。
会員になる為にはいくつか資格内容もあるのですが、その地域に住所または居住している小規模の事業を行っている方に限ります。
大企業になると、会員になったり融資を受けたりする事はできません。
従業員数も300人以下で、資本金も上限の額が決まっています。
日本全国にその地域に密着した店舗がありますので、特に中小企業で働いている方は利用しやすいでしょう。
その地域の利益が優先されますので、その地域が良くなっていく事に皆から預かった資金を利用しています。
そういった点も銀行とは大きく異なる部分です。
その使われる地域が限定しているというのも大きな特徴でしょう。

どちらの条件で選ぶ!?お金を借りるときの【2大条件】

銀行カードローン 銀行系消費者金融


PAGE TOP