定額リボルビングシステムとは


返済がしやすい定額リボルビングシステムについて知ろう

銀行からお金を借りるとしても重要な知識である定額リボルビングシステムとは、クレジットカードの利用代金の返済やキャッシングの返済などで採用されている返済額を決める仕組みです。 リボルビング払いでは、毎月最低返済する金額が決められますが、最低支払金額が一定の定額に固定される返済方法をいいます。 この最低返済額をいくらにするかは、銀行でお金を借りるクレジットカード会社やカードローン会社が予め定める最小支払金額以上であれば、利用者が一定の選択肢の中から自由に決められるのが一般的です。 これに対して、もう1つの代表的な返済システムである、定率リボルビングシステムでは、借入額や利用代金が増える都度、毎月の返済日前に返済額の見直しが行われます。 毎月の一定日時点での利用残高に対して、一定の利率をかけて利息と元金を支払う仕組みのため、利用残高が増えれば、毎月の最低返済額も増えるケースがあります。 いきなり返済額が増えず、銀行 借りるなら最低返済額でいいというシステムとしては、いずれも毎月の返済が楽で返済しやすいシステムといえるでしょう。 一方で、定率リボルビングシステムでは利用額が増えれば、最低返済額も増えるのに対し、定額リボルビングシステムでは利用額が増えても常に一定です。 そのため、返済期間が長く続くとともに、支払う利息の金額も増えていくことに注意が必要です。 多額の利息を、支払いの高い買い物や高利の借金とならないためには、利用する頻度を控えたり、途中で繰り上げ返済するなどの計画性が大切になります。

どちらの条件で選ぶ!?お金を借りるときの【2大条件】

銀行カードローン 銀行系消費者金融


PAGE TOP