大手銀行系グループの消費者金融とは

大手消費者金融なら安心して即日融資できる

今すぐにお金を借りたいと思ったときに便利なのが、担保も保証金も不要で借り入れ目的も限定されないカードローンです。 なかでも消費者金融は審査速度も早く即日融資が可能なので人気が高いのですが、昔のイメージで申込みを躊躇してしまうことも...。 そんなときに安心して利用できるのが、 SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス、 三菱UFJフィナンシャル・グループのアコム(一部抜粋)といった銀行系グループや東証一部上場企業のアイフルなどの大手消費者金融です。
こちらでは、即日キャッシング可能で信頼度の高い大手消費者金融の5つのポイントについてお伝えしていきます。


>> 大手消費者金融の詳細はこちら!     

>> 急いでお金を借りるランキングはこちら!     



【目次】消費者金融の詳細情報

  1. 大手消費者金融とは
  2. カードローンとは
  3. 銀行カードローンと消費者金融カードローンの違いとは
  4. 総量規制とは
  5. 消費者金融のメリットとデメリットとは
  6. 消費者金融の歴史

【詳細1】大手消費者金融とは

消費者金融とは、消費者信用のうち個人への小口融資を行っているものです。 消費者金融というと昔はブラックなイメージを持たれがちでしたが、 株式会社SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムなど、 名だたる銀行のグループ会社、子会社、銀行傘下の大手企業といった具合に、大手の消費者金融は信頼度や信用度も高く、安心してお金を借りることができます。 また、東証一部上場のアイフルなど、信用度の高い大手消費者金融もあり、これらの大手企業は、テレビCM、電車の中づり広告、インターネット広告などでも露出が高く、なじみのあるカードローン会社です。 なお、クレジットカードにもキャッシング枠があるので、そちらでお金を借りる方法を検討される方もいらっしゃるかもしれませんが、借入可能額の上限を考えると大手消費者金融のほうが借入額に余裕があるのではないでしょうか。


【詳細2】カードローンとは

そもそも、カードローンとは何でしょう?最近、利用者がどんどん増えているカードローンの特徴をチェック!

  • 担保、保証人が不要 ※運転免許証などの本人確認書類は必要
  • 申込、審査回答、契約、借入まで、店舗窓口への来店不要のWEB完結でお金を借りれる
  • 店舗ATM、提携コンビニATM、提携銀行atm、口座振込キャッシングなどで便利にお金借りれる
  • 平日夕方や夜間はもちろん、土曜日、日曜日、休日(祝日、祭日)もお金の借り入れOK
  • 返済方法に自動振替返済などもあり返済忘れもなく安心
  • 手続きが簡単

スマホ(スマートフォン)、パソコン(PC)、ケータイ(携帯電話)からインターネットで24時間365日申し込み可能で、 審査回答の連絡を電話かメールで受け取ってから自動契約機を利用すれば、契約手続きもスムーズでその場でカード発行&カード受け取りや契約書類の受取もできるので、 自宅への郵送物もなく家族にバレずにお金を借りれます。 申し込み前の簡易審査や借入診断があるためお金を借りるための目安がわかりやすく、返済シミュレーションがあるため返済計画が立てやすくなっています。


※利用されるカードローン業者によって詳細条件は異なりますので、利用の際には公式サイトをチェックしてください


【詳細3】銀行カードローンと消費者金融カードローンの違いとは

カードローンでお金を借りるとなると、よく比較されるのが銀行カードローンにするか?消費者金融カードローンにするか?です。 最近では、消費者金融でも金利が低くなってきていることもあり、この違いが分かりにくくなっている部分もありますが、それぞれの特徴もありますので、まずはチェックしてみてください。

消費者金融カードローンとは

  • 即日融資で今すぐにお金を借りれる
  • 初めての利用で無利息期間がある
  • 審査が甘い場合がある

また初めてお金を借りる新規ユーザーさんを対象に、メールアドレスの登録やWEB明細登録といった条件をクリアすることで無利息キャッシングが利用できたり、独自のサービスがあります。

銀行カードローンとは

  • 総量規制の対象外
  • 低金利でお金借りれる
  • 審査に時間がかかる
  • 銀行口座が必要な場合がある
  • 普段からその銀行を利用している場合には顧客リストに載っているため融資の相談をしやすい

消費者金融との違いという意味でも大きいのが、総量規制の対象外という点です。 年収の3分の1を超える金額の借り入れも可能ということで、大口ローンや借換ローンなどの大きめな金額を借りれるので、お金をたくさん借りたい場合に助かります。 なお、新規で始めてお金を借りる場合には、そこまで貸付金額が大きくなくても、借入実績を積み上げることで借入金額の枠を増額することも可能です。 また、消費者金融と比べて、審査に時間がかかる傾向にあります。(なかには三菱東京UFJ銀行バンクイックのように、審査回答最短30分といった銀行もあります) 銀行口座不要で利用できるところもありますが、口座必須で、カードローン申し込みの際に一緒に口座開設を求められる銀行もあります。


【詳細4】総量規制とは

総量規制とは消費者金融、クレジットカード会社、事業者金融といった貸金業者を対象とした規制で、原則として、個人への貸付金額が年収の3分の1を超えてはならないというものです。 ここでいう年収とは、お給料、年金、賃貸収入、事業所得などが含まれます。

総量規制の例

月々のお給料10万円を1年12か月で120万円もらっている方の場合 貸金業者でお金借りれる金額の上限(借入上限):40万円まで

総量規制の対象外の借り入れとは

下記の金融機関などからお金を借りる場合には総量規制の対象外となりますので、年収の1/3を超えても制限されることなく、審査に通りさえすれば、希望の金額を借入れすることができます。 おまとめローンや借り換えローンなどの大口融資も受けられますので、上限を気にせずお金を借りたい場合には下記の業者への申し込みを選択されると良いでしょう

  • 銀行
  • 信用金庫
  • 信用組合
  • 労働金庫
  • 保険会社
  • 証券金融会社
  • 農協
  • 漁協など

【詳細5】消費者金融のメリットとデメリットとは

今すぐにお金を借りるには、融資スピードの速い消費者金融が最適ですが、やはりメリットとデメリットがあります。 お金を借りる前に、消費者金融のメリットとデメリットをしっかりと把握して、上手にキャッシングしましょう!

消費者金融メリット

  • 審査回答最短30分や最短1時間融資など、融資速度が速く即日融資でお金を借りやすい
  • 銀行と比べて審査が柔軟
  • 無利息期間がある場合がある ※大手消費者金融など
  • 審査の在籍確認の際には会社名ではなく担当者個人名で電話がかかってくるので安心

消費者金融デメリット

  • 銀行の金利と比べると金利が高くなってしまうので長期借入や大口借入に向かない
  • 総量規制の対象であるため高額借入がしにくい
  • ご自身に収入のない専業主婦はお金を借りれない

【詳細6】消費者金融の歴史

消費者金融と聞くと「高金利なんじゃないか?強引な取り立てが厳しいんじゃないか?闇金(ヤミ金)やサラ金とつながってるんじゃないか?何かトラブルに巻き込まれてしまうんじゃなか?」といったイメージを持たれて心配な方もいらっしゃるかもしれません。 確かに、昔の消費者金融は審査が甘く簡単に契約できるかわりに金利も高く、中には利息の支払いだけで借金が膨れ上がり返済に困って弁護士に債務整理を依頼して破産してしまったり、最近になって過去の過払い金の請求を行い過払い金が返還されるなど、業界全体が腐っていた時期もありました。 度重なる出資法制定の改正により金利引き下げがあって、平成ともなれば、今では納得がいく範囲内の金利にまで下がっていて、使い勝手の良い物になっています。 ただし、なかには聞いたこともないような中小の消費者金融ですと、グレーな部分があり限度額の上限を超えて貸付してくるような悪徳業者である場合もありますので、ご利用はオススメできません。消費者金融でキャッシングをするなら、あくまで安心して利用できるプロミス、アコム、アイフル、モビットなどの大手の業者を選びお気に入りを見つけましょう!



大手銀行系グループの消費者金融【関連記事】
  1. 急いでお金を借りるランキング

【お金を借りる2大条件】目的別 ランキングBest3!



銀行系キャッシングと銀行の違い

キャッシングの世界には多数の企業が存在していますが、中でも勘違いされやすいものとして、銀行と銀行系キャッシングの違いです。 一般的に銀行系とよばれているものは、通常の銀行とは大きく異なります。 銀行自体が直接キャッシングをしているのではありません。 実は銀行系とは言えども、銀行が直接キャッシングをする機能を持っているわけではありません。 実際には、銀行の系列になっている消費者金融会社や、銀行が直接出資してから経営権がある下請け会社などがキャッシングを取り扱っていることとなります。 通常の消費者金融と何が違うのかというと、まずは、通常のものよりも審査を少々厳しくしているのは事実です。 とはいえ、通常の消費者金融の企画を通る人であればまったく問題がなく融資してもらえます。 なぜ審査を比較的厳しくしているのかというと、通常の消費者金融よりも金利が非常にリーズナブルであり、銀行系という系列である以上、あまり高額の融資をすることが難しいからだといえます。 そのため、キャッシングを受けるときでも非常に返済額を少なくすることが可能となっていますので、便利で活用しやすいのです。 また、気をつけておきたいのですが、銀行系の場合には、総量規制の対象となります。 系統ではあっても別会社となっていますので、消費者金融で多数の融資を受けている方であれば、融資を断られる可能性も有ることを知っておき、活用している人が大変多いのです。

PAGE TOP