新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイク

実質年率 4.5%〜18.0% 限度額 500
万円
保証人 不要 口座開設 不要

お申込み・ご契約方法

パソコン、携帯電話、スマートフォンによるWeb契約申込み

※ インターネットでは24時間365日申込みを受付しています。

お電話による契約申し込み
自動契約機による契約申し込み
郵送による契約申込み


お金を借りる【2大ランキング】

低金利重視 スピード重視
低金利でお金を借りたい!安心感がほしい!という方は大手銀行をチョイス! すぐにお金を借りたい!という方は即日融資可能な銀行系をチョイス!!

お金借りれる!会社一覧

同時にお申込みをする際は、最大3社までがベストです(ご融資の確実性を上げるため)
休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
三井住友銀行 4.0% 〜 14.5% 最高
800万円
★★★★☆
新生銀行カードローン レイク 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★★☆
イオン銀行カードローン 3.8% 〜 13.8% 10万円〜800万円
(10万円単位)
★★★☆☆
イオン銀行イオンアシストプラン 3.8%〜13.5% 30〜700
万円
★★☆☆☆
オリックス銀行カードローン 1.7% 〜 17.8% 最高
800万円
★★★☆☆
じぶん銀行 2.2% 〜 17.5% 800
万円
★★★☆☆

銀行借りる.biz【Q&A】

固定金利と将来の予測

お金の貸し借り等を行う時、その対価として利息を支払うことになるのですが、その時の計算する割合の事を金利と呼びます。
さて、この金利ですが実は色々なタイプがあるのをご存知ですか。 そして、その中の一つが固定金利です。
これはその名の通り、その数値が固定されて一定の状態になっている物の事を言います。 契約する時に定められたものが完済するまでずっと続くもので、どんな状況になったとしてもそれが変わる事はありません。
ちなみに、その時々の状況によって利率が変動するものを変動金利と呼びます。
キャッシング等借り入れをする時、固定金利の場合はずっと同じ金利のままとなるので、現時点が低金利で将来的に高金利となる事が予測できる時などは、やはり魅力的な方法と言えます。
しかし将来的に金利が下がるであろうと予測できるときは結果的に変動金利に比べて損をしている状態になってしまう可能性も否定できません。 従って、借り入れをする時は低金利の時は固定金利を選ぶ方が良いでしょう。
そうすれば将来的に金利が上昇する様な事があったとしても、低金利のままで返済していく事が出来るからです。 しかし将来的により下がるかもしれないという時は、安易にそれを選ばないようにする方が良いかもしれません。
ちなみに、固定されてしまうと実は損をしてしまうのではないかと思ってしまう方もいるかもしれませんが、いつまでも同じ金利で借り入れをする事が出来るので、実は返済計画を立てやすくなる事も知っておきましょう。

PAGE TOP