カードローンの審査に落ちた原因

カードローンの審査に落ちた原因

カードローンの審査に落ちた原因を探ろう

カードローンで審査に落ちた原因は人それぞれありますが、主にあり得る原因としては次のようなものが考えられます。 消費者金融や信販会社などの貸金業者に申し込んだ場合、総量規制の制限に引っかかっているかもしれません。 総量規制とは貸金業者で借り入れをする場合、合計で年収の3分の1までしか借りられないとする規制です。 既に他の貸金業者で借り入れがある場合、新規の借り入れによってこの制限を超えてしまい、審査に落ちることがあります。 2つめのよくある原因として、そもそも、キャッシングの借り入れ対象条件を満たしていない場合が挙げられます。 20歳未満であった、学生不可、専業主婦不可とあったのに申し込んだ、年齢の上限を超えてしまったなどが考えられます。 3つめは、収入基準や安定的な継続収入の要件を満たさなかった場合です。 前年度に収入があったとしても、その後、退職して今は無収入であったり、失業給付を受けている場合、収入はあるものの日雇いなど継続的ではなく不安定な収入の場合などが考えられます。 また、アルバイトやパート等で利用限度額の最低枠の審査基準にも収入が満たなかったといった場合です。 そのほか、自営業でまだ仕事を始めたばかりで、前年の収入がなく、収入の見込みが不明確な場合も審査に落ちることがあるかもしれません。 そして、4つめは過去に返済遅延や債務整理等の債務不履行が発生している場合です。 申し込んだ業者は初めての利用であっても、審査時には他社での利用状況も確認されますので注意しましょう。

関連ページ

お金を借りる前に安心の返済シミュレーションをしよう!
お金を借りる前に、返済のシュミレーションをしておくことで、借りすぎや、審査に通りそうかを事前にチェックすることができ、時間の無駄を省くことができます。

PAGE TOP