お金を借りる前に安心の返済シミュレーションをしよう!

お金を借りる前に安心の返済シミュレーションをしよう!

利息と金利の仕組みとは

金利と利息の関係を理解しよう
お金を借りたら、元金(借り入れした額)に「利息(利子)」をつけて返済を行わなくてはなりません。 これは金融会社に支払う借り入れの対価であり、利息が金融会社の利益になります。 そして、利息を割り出すのが「金利」です。 金利を1年間の利率に変換した割合が「実質年利(年率)」で表示され、この数字が元金にたいして支払わなくてはいけない利率となります。 キャッシングは基本的に日割りで利子を出すため、借入日数に応じて利子の額も変わってきます。 要するに、10日借りたら10日分の利子を支払い、30日借りたら30日分の利子を支払うということです。 なので、早めの返済をしていくことによって返済負担を減らすことができるでしょう。 キャッシングの利子計算式は、「借入金額(元金)×実質年率÷365日×借入日数」=「利子」です。 では、実際に例題を計算してみましょう。 実質年利20%で5万円を借りたケースを例にしてみます。 10日後に一括返済する場合は、「50000×0.20÷365×10」=「273」となり、この場合の利子は273円です。 30日後に一括返済する場合は、「50000×0.20÷365×30」=「821」となり、821円が利子になります。 また、毎月1万円のリボ払いで30日後の返済にすると、ひと月目の利子は821円ですが、ふた月目は「40000×0.20÷365×30」=「657」となり、返済をしていくほど利子の負担は減ります。 キャッシングは少額融資に利用し、できるだけ早く返済するよう心がけましょう。

ローンの金利を安く借りる方法とは

最近はやはり金利が安いローンが一番人気ですね。 使っているうちにやはり支払いが安いほうが魅力と感じる人が多くなっているのですが、同じローンでもを安くする方法はいくつかあります。 ひとつは、借り入れをする会社を選ぶことですね。 金利が安い銀行系を優先に利用するのもそうですが、それ以外にも消費者金融の中でも安いところは色々とありますので、そこから借りるのもひとつの方法といえるでしょう。 そのため、たくさんの金融機関の中でもこういったところから借りるのが一番の方法と言えますね。 次に、利用可能枠が設定されているようなカードローンやキャッシングの場合は利用可能枠をより大きく設定したほうが、金利が安くなる傾向があります。 これは、利用可能枠が大きいということはつまりそれだけあなたの信用度・社会的な信用度が高いということですので、つまりそれだけ踏み倒す可能性が低くなっているということでもあるのです。 最近はとくに安くする傾向があり、またそれだけ使いやすい会社も増えています。 ただし、利用可能枠が大きいからといって利用しやすくなっていますが、くれぐれも使い過ぎないようにしておきましょう。 また、キャンペーン等で一時的に安く借りられる時もあります。 この場合はオススメです。 基本的にこういったキャンペーン等は登録している人にのみお知らせがあるものですので、入会時のキャンペーンとはまた別枠で使うことが出来るので、ぜひ活用しましょう。

関連ページ

カードローンの審査に落ちた原因
カードローンの審査に落ちた場合は、必ず原因がありますが、この理由は公開されません。しかしながら、なぜ審査に通らなかったのかの主な原因を明記します。

PAGE TOP