即日融資でお金を借りる

今日中にお金を借りるにはネット申し込みと対応スピードが重要

来店不要で今日中にお金を借りるための最速借入方法や審査締切時間、審査(在籍確認)の注意点、即日融資に強い業者、無利息キャッシングなどの情報をご存知ですか? こちらでは今日中にお金を借りるための具体的な方法についてお伝えしていきます

>> 即日融資<9つ>のポイントはこちら!     


融資スピードで選ぶ

No1 プロミス プロミス  


<平日14時過ぎ&土日祝日/当日中に借りたい場合>
ネット申込&審査通過後に最寄の自動契約機で最短1時間融資!
自動契約機でのカード受け取りなら基本的に郵送物は届きません

プロミス公式サイト

プロミス詳細情報

No2 アコム アコム  [安心大手で低金利!急いでいる時は断然この1社!]

No3 新生銀行カードローン レイク 新生銀行カードローン レイク  

【お金を借りる2大条件】目的別 ランキングBest3!


【目次】即日融資<9つ>のポイント

  1. スピード審査ならこの業者がオススメ
  2. 申込に必要な書類を事前に準備する
  3. 在籍確認について
  4. 即日融資に強いインターネット申し込みの特徴
  5. カードローンの最速借入方法とは
  6. 今日中にお金借りたいなら審査時間に注意
  7. 即日借入でお金を借りる/お金を引き出す方法
  8. 今日中にお金を借りるときでも無利息キャッシングができる!?
  9. 消費者金融でもスピード返済なら利息も安心

【ポイント1】 スピード対応ならこの業者がオススメ

審査回答最短30分や最短1時間融資など、なかには今日中にお金を借りるどころか今すぐにお金借りれる業者も多々あり即日融資可能な点が魅力です。 そのいずれもテレビCMやネット広告、電車の中吊り広告でもおなじみの大手銀行系消費者金融で、知名度も信用度もあり、安心してキャッシングできる会社ばかりなので、即日借入れのメリットを生かしましょう! もちろん、平日の昼間に限らず、平日の夕方や土日休日でも変わらず審査回答最短30分や最短1時間融資が可能なので、スピードキャッシングをご希望の方の強い味方です。 また、今すぐにお金借りたいなら大手消費者金融の得意分野となりますが、本来は審査に数日かかると言われている銀行のなかでも、三菱東京UFJ銀行のバンクイックは、審査速度も非常に早く、申込から最短30分で審査回答を受け取れます(Eメールか電話で審査結果の連絡がきます)。初めてお金を借りる方や他社借入件数もなく審査に自信がある方は、金利も気になるかと思いますので、低金利の三菱東京UFJ銀行バンクイックでのお申込みが安心です。


>> 今すぐお金借りれるカードローンランキンはこちら!     

【ポイント2】 申込に必要な書類を事前に準備する

本人確認書類

運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、個人番号カード、在留カード、特別永住者証明書などの顔写真がついている公的証明書

※顔写真つきの証明書がない際には、健康保険証とあわせて住民票、公共料金の領収書(電気、ガス、水道、固定電話(携帯電話は不可)、NHKなど)、納税証明書など


収入証明書

源泉徴収票の写し、所得証明書の写し、確定申告書の写し、給与明細書の写し、税額通知書の写しなどの現在の収入を証明する書類のコピー

カードローン申込み後に、審査の過程で本人確認書類の提出が必要なのであらかじめ用意しておくと便利です。 こういった必要書類は、スマホの場合にはスマホアプリ経由や写真を撮って提出したり、パソコンであればデータを添付したり、FAXでの提出だったりとかなり便利に書類提出できます。
おまとめローンや借換ローンなどの大口借入で借入希望額が大きくなると、収入証明書の提出を求められることがあります。銀行の場合には100万円以上~200万円以上~300万円以上~といった具合に、提出の条件は会社によって異なります。 消費者金融では、希望額が50万円を超える際や、希望の借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超える際に、収入証明書が必要となります。


【ポイント3】在籍確認について

  • 個人名で電話がかかってくるので安心
  • 単純な在籍確認なので詳細を聞かれることはなく安心

カードローンの申し込みをすると、必ずと言ってよいほど、勤務先への在籍確認があります。 こちらはキャッシングを利用するうえで審査を通過するには避けて通れないものなのです。 これらの連絡自体は、キャッシング可能金額を図るための調査という位置づけではなく、申込条件の一つでもある「安定した収入がある方」を証明するために、申告通りきちんと働いているのか、職場への連絡をする意味合いが強く、借入限度額の金額によっては在籍確認を行わない業者もありますが、大手金融機関などでは必須だと思ってください。 銀行は、ストレートに銀行名を名乗りますが、プロミス、アコム、モビット、アイフルなどの大手消費者金融から連絡をしてくる際には、会社名ではなく担当者の個人名でかかってくるので、会社名からキャッシング利用がバレる!といった心配はありませんので安心してください。 また、銀行名も名乗られたくないなら、申込みの段階から、銀行名ではなく担当者個人名で電話をかけてきてほしい」と予め伝えておくことで、対応してもらえます。


【ポイント4】即日融資に強いインターネット申し込みの特徴

カードローンを利用するには、その会社に審査申し込みをして契約をしなければなりませんが、今日中にお金を借りるには「申込み→審査&回答→契約手続き&契約完了」のスピード感が重要です。 そんな即日借り入れを実現するために大切なポイントが、審査回答最短30分や最短1時間融資といった審査スピードが早い業者で、インターネット申込みを行うことです。


インターネット申し込みのメリット

  • 曜日の制限なく24時間365日いつでも申し込める
  • スマートフォン、パソコン、ケータイから利用できる
  • 来店不要で誰にも知られずこっそり申し込める

今すぐにお金を借りるのにかかせないのが、インターネット申込みです。業者への申し込みにはさまざまな申込方法がありますが、ふと思い立ったときに夕方でもよるでも早朝でも土曜日、日曜日、休日、祝日、祭日といつでも気にせず365日いつでも申し込めるのが、このインターネット申込なのです。 もちろん場所も選ばないので、職場で昼休みにスマートフォンから申込を行っても良いですし、駅のホームで電車を待っているときにスマホで申し込みしても、移動の電車の中でケータイから申し込みしても、自室でこっそりパソコンから申込しても、誰にもバレずに申し込みが可能です。 また、最速借入可能な方法にもありますが、インターネット申込みをしたあとで、コールセンターに電話をして「今すぐにお金借りたい」旨を伝えると優先的に進めてもらえるなど、即日融資にはインターネット申込が欠かせません。


※郵送は論外ですが、電話申込でも「氏名の漢字は○と△で、住所は郵便番号何番で住所の漢字が◇○で...といったまどろっこしいやりとりもなく、また、意外と会話が漏れてしまうこともありまわりに家族や同僚や友人知人などの人気がないかを気にしなければならなかったり、なにより通信可能な時間帯も決まっているのでそれを気にするのも面倒です。自動契約機や無人契約機も受付が決まっていますし、申込から回答が出るまでにその場で無駄に待たなければならないののでロスタイムが生じます。


【ポイント5】カードローンの最速借入方法とは

申込み最速ステップ

  • 『1』 スマホ、PC、ケータイでインターネット申込OK
  • 『2』 審査&回答をメールか電話で受け取る
  • 『3』 振込キャッシングor自動契約機でカード発行してその場でATMでお金を借りる

業者によっては、インターネット申込みをしたすぐ後に「たったいまインターネットから申込みをした○○ですが、今すぐにお金を借りたいので、優先的にお願いします」と伝えることで、積極的に対応してくれる業者もあります。 その際にも、やはりポイントはあらかじめWeb申込を行うことです。個人情報などの口頭でのやり取りがないので、スムーズに進行できます。


申込後はしっかりと回答を受け取りましょう

キャッシングの申し込みをすると、審査後に結果連絡を受け、そのあとは契約手続きとなりますが、まずは連絡をしっかりと受けましょう。 多くの業者では、審査結果はメールか電話で受けることになりますが、電話連絡を指定した際にはこちらの都合で電話に出られないとその分、手続きに進むまでにロスタイムが発生してしまいますので、結果連絡はメール受信がベストです。メールなら誰にも見られずこっそり結果をチェックすることができます。


【ポイント6】今日中にお金借りたいなら審査時間に注意

振込キャッシング希望の際の締め切り時間

『申込みタイムリミット一例』

  • 【プロミス】 平日14時までに契約内容を確認
  • 【アコム】 平日14時までに必要書類を提出
  • 【三菱東京UFJ銀行】 平日14時までに借入申込
    ※振込サービスの申し込みには、Eメールサービスへの登録が必要

振込キャッシングで口座に現金を入金してもらうときに、締切は平日に限られ、それを過ぎると翌営業日の振込となってしまうので、申し込んだ時間帯によっては今日中にお金を借りるのが難しくなってしまいます。 その際には、無人契約機でカードを発行して、そちらでキャッシングしましょう。


カード発行希望どきの締切時間

『自動契約機でのカード発行のタイムリミット一例』

  • 【プロミス】 平日や土日休日9~22時受付時間(一部21時まで)
  • 【アコム】 平日や土日休日8~22時営業
  • 【三菱東京UFJ銀行】 平日9~20時営業/土曜日祝日10~18時営業/日曜日10~17時営業

自動契約機でも、申込みから結果連絡まで最短30分(三菱東京UFJ銀行のテレビ窓口は回答最短40分)かかりますので、インターネット申込みをしてあらかじめ結果をチェックしたうえで、契約手続きやカード発行のみを無人契約機で行うと時短になります。 店頭窓口でも契約やカード発行も可能ですが、店舗窓口の営業時間が短く土日休日は営業していないため、自動契約機でのカード発行で考えると余裕ができます。 カード発行の場合、カードさえ受け取れば後はATMや提携コンビニATMなどでいつでもキャッシング可能など、お金の引出す際にも余裕があるので、申し込みをした当日中に今日中にお金を借りることも十分に可能です。


【ポイント7】即日借入でお金を借りる/お金を引き出す方法

口座振込キャッシング

上記の締切時間までに手続きを行うことで、指定の口座へ振り込みによるキャッシングを実施していますが、振込み実施をしていない時間帯もありますので、受付時間や締切時間をチェックしましょう。 平日の夕方~夜間・早朝、土曜日、日曜日、休日(祝日、祭日)などに今すぐにお金を借りたいなら、振込みキャッシングではなく店舗ATM・提携コンビニatm・提携銀行ATMを選択することが重要です。

※WEB申込、契約手続き、公式ウェブサイトからの口座振り込みキャッシング依頼なら、店舗への来店不要でWEB完結ですべてが完了します。


店舗ATM・提携コンビニatm・提携銀行ATM

カードがあれば、店舗ATMや提携銀行atmで気軽にキャッシングできるので便利です。 特に、提携コンビニATMなら手元に資金不足でお金がない状態でも、

※原則年中無休が多く、「毎週月曜0~7時は利用不可」など一部でキャッシングを行えないときいもあるので、実際の借り入れの際にはご利用の業者の利用時間をチェックしてください また、自動契約機でカード発行をしたときには、その場に備え付けのATMがありますので、すぐにキャッシング可能です。


【ポイント8】今日中にお金を借りるときでも無利息キャッシングができる!?

初めてお金を借りる方が新規でキャッシングサービスに申込むなら、SMBCコンシューマー ファイナンスのプロミス、三菱UFJフィナンシャル・グループのアコム、新生銀行カードローンのレイクなどなら、無利息キャッシングが可能です。 メールアドレスの登録やWEB明細利用など、無利息キャッシングを利用するうえでの適用条件などもありますのでご注意ください


【ポイント9】消費者金融でもスピード返済なら利息も安心

消費者金融は金利が高い!といったイメージがある方もいらっしゃるかもしれませんが、借りたお金の返済ができずに借金に追われて多重債務者が増えたため、消費者金融などの貸金業者を対象に、貸金業法という法律で上限金利の引き下げが行われました。 それから、上限金利も高金利からかなり改善され、消費者金融=すべてが金利が高い!とは当てはまらなくなり、大手消費者金融では手軽にキャッシングできる状況となっています。 また、少額キャッシングなどでお給料日前のちょっとした不足金額を補う際や、急にお金が必要になってしまったためのちょっとした短期借入など、借入期間が短くすぐに返済する予定であれば、金利の差もさほど気にならないため、今すぐにお金を借りるほうを優先させるのも良いかもしれません。

>> 今すぐお金借りれるカードローンランキンはこちら!     


どちらの条件で選ぶ!?お金を借りるときの【2大条件】

銀行カードローン 銀行系消費者金融


このページの先頭へ