お金借りる即日

お金借りる【即日融資|銀行】まで

銀行カードローンは即日融資ができない場合がほとんど

即日融資でお金を借りるなら、手続きが簡単なカードローンがとても便利ですが、 銀行カードローンは即日融資に対応していないため今すぐお金を借りたいときの借入方法には不向きです。

即日融資で今すぐお金を借りるなら消費者金融がベスト

でも消費者金融でお金を借りるのは不安…
【そんな時の解決策はコレ!】

金融庁の指導をしっかりと受けている銀行系グループの消費者金融カードローンなら安心感もあるので即日を希望される方にはピッタリです。
大手で運用実績が豊富
なのも特徴のひとつです。
その中でも今すぐお金を借りたいときに365日24時間申し込みOK最短1時間融資可能でオトクなサービスが豊富な大手プロミスが一番オススメです。

>> プロミス公式

【プロミス独自のお得サービス】
・初めてなら金利0円!30日間無利息サービス
土日祝日の休日でも24時間最短10秒で即日振込の瞬フリが便利
・プロミスポイントサービスで提携ATM手数料無料!一定期間無利息!
・プロミスカード会員限定優待サービスが充実「おとくらぶ」の利用が可能
・三井住友銀行ATMならいつでもATM手数料無料
・カード発行不要でカードレスキャッシングOK
※三井住友銀行、ジャパンネット銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行(郵便局)

>> CMでお馴染みの銀行系グループで借りる

>> 時間は掛かっても銀行で借りたい方はコチラ


 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社のプロミス

安心大手で低金利!急いでいる時は断然この1社!

土日・祝日、その日に借りたい場合

ネット申込&審査通過後に最寄の自動契約機で最短即日融資も可能!
自動契約機は22時まで利用可能!(一部21時まで)
自動契約機でのカード受け取りなら基本的に自宅に郵送物は届きません。

※回線状況により表示に時間が掛かる場合があります



 三菱UFJフィナンシャル・グループのアコム

来店不要で即日融資!大手銀行系特有の対応力が魅力


※回線状況により表示に時間が掛かる場合があります



大手カードローンなら法定金利内で安心

「銀行と大手消費者金融」小額ならあまり金利の差はありません

銀行と大手消費者金融はどちらも法定金利の範囲内で利息計算されるので、100万円以内の小額借入なら、銀行も消費者金融もそれほど大きな利息の差はありません。



「銀行と消費者金融」大手2社の金利
  三菱UFJ銀行
1.8% 〜 14.6%
プロミス
4.5% 〜 17.8%
1万円 121円/30日間 146円/30日間
10万円 1,216円/30日間 1,463円/30日間
100万円 12,166円/30日間 14,630円/30日間

お金を借りる【2大ランキング】

スピード借入 銀行で借入
銀行でお金を借りたい!安心感がほしい!という方は大手銀行をチョイス! すぐにお金を借りたい!という方は即日融資可能な銀行系をチョイス!!

銀行でお金を借りる

銀行でお金を借りる最大のおすすめポイントは、個人向け融資でお金を借りる際に、金融機関のなかでは非常に低金利である点です。
金利の影響が大きい長期借入や高額借入の場合にはぜひ利用したい借り入れ方法です。
一方で、低金利だからこそ審査が厳しく、審査自体に時間もかかるため即日融資には不向きです。

▲この記事の関連記事

消費者金融でお金を借りる

大手消費者金融では、土日祝日でも新規借り入れが可能なので今すぐにお金を借りる際にたいへん便利です。
金融庁から過剰貸付の指摘を受けた銀行カードローンは、貸し渋りもあり審査が慎重になっているため、即日借入は難しいのが現状です。
今すぐに現金が必要な時には、審査回答最短30分や申し込みから最短1時間融資OKと、審査速度や融資スピードが速く即日借入可能な消費者金融でのキャッシングが有利です。

▲この記事の関連記事

銀行 or 消費者金融どちらでお金借りる?

銀行は消費者金融よりも金利が低めになっているのが魅力ですが、即日融資に対応していません。 消費者金融は銀行より金利が高めになっていますが、即日融資に対応しているサービスも多く、急いでお金を借りる必要がある方には大変便利です。

銀行と消費者金融の比較

審査速度 金利 土日休日審査対応
▼ 銀 行
低金利
重視



▼ 消費者金融
スピード重視



※会社によって詳細は異なります。


「どっちでお金を借りる?」まとめ

銀行でお金を借りる方法や消費者金融でお金を借りる方法にはそれぞれの特徴があるので、目的や状況に合わせて借入先を使い分けるとよいでしょう!いずれにしても、カードローンで現金を借りる際のおすすめポイントとしては、大手から借り入れするのが安心という点です。
キャッシングを利用する際には、貸金業法を遵守している大手企業から借り入れしましょう!
【銀行でお金を借りる方法】 長期借入や高額借入をしたい方、審査に自信がある方、審査に時間がかかっても良い方
【消費者金融でお金を借りる方法】 即日融資でお金を借りたい方、短期借入や少額借り入れの方、審査に自信がない方

▲この記事の関連記事

即日振込でお金を借りる

今日中にお金を借りたい!今すぐお金借りたい!ときには、 銀行系の大手消費者金融なら審査回答最短30分や最短1時間融資など、即日融資が可能です。

銀行系大手消費者金融が良い理由

スピード重視で即日融資に対応しているため今すぐにお金を借りれる
大手の銀行系カードローンなので安心感がある
消費者金融のなかでも低金利で借りれる
銀行カードローンよりも審査によゆうがある
インターネットで24時間365日申込可能
来店不要で誰にも会わずにお金借りれる
無利息期間がある

※会社によって対応していないサービスもあります


審査回答最短30分や最短即日融資も可能な大手銀行系カードローン

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

そのほか、東証1部上場企業であるアイフルなど、いずれもテレビCMやインターネットでおなじみの大手企業ばかりなので、安心して利用することができます。

スピード借入するには申込締切時間に注意しましょう

初めてお金借りる場合でも、大手消費者金融なら当日借入も可能ですが、タイムリミットにご注意ください! 実際に、カードローン申込当日にお金を借りる方法としては指定口座への振込キャッシングによる方法と、 自動契約機などでカードを発行し、そのカードを使ってATMや提携コンビニATMなどで現金を引き出す方法などがありますが、 いずれも当日借入をするには申込み締切時間があります。

『申込みタイムリミット一例』

振込キャッシング
サービス 詳細
プロミス 平日14時までに契約内容を確認
アコム 平日14時までに必要書類を提出

自動契約機
サービス 詳細
プロミス 平日や土日休日9時〜22時受付時間(一部21時まで)
アコム 平日や土日休日8時〜22時営業
※自動契約機でも、申込みから審査回答まで最短30分かかりますので、インターネット申込みをして審査回答を受けたうえで、契約手続きやカード発行のみを自動契約機で行うと時間短縮になります。

>> 即日でお金を借りる


>> 即日振込キャッシング


▲この記事の関連記事

お金を借りる時の申込条件

キャッシングを行う際の申込み条件は会社によってさまざまですが、下記の申込み条件を満たしていれば、アルバイト、パート、契約社員、主婦の方(専業主婦は除く)などでも気軽に申し込めます。
借入限度額は収入とのバランスをみて審査のうえ決定されますが、「単発でたくさんの収入がある」ことよりも「少額でも長く安定的に稼ぎ続けている」ことのほうが重要となります。

カードローン申し込み条件とは

年齢制限(満20歳以上65歳や69歳以下の方など、上限は会社により異なります)
安定した定期収入のある方
審査基準を満たす方(指定の保証会社の保証を受けられる方)
ほかにも「日本国内に住居を構えている方」など、業者によって条件が追加される場合もありますが、上記が基本条件となります。 年齢や収入に関しては明確な基準となるため、申込の段階ではっきりと「条件を満たしている」と言い切れますが、 『審査基準を満たす方』という借り入れ条件がネックとなります。 簡単にお金を借りれる所はなかなかないので、万が一、審査に落ちた場合でも、カードローン会社のほうからは理由は明かされませんが、この『審査基準を満たす方』や『指定の保証会社の保証を受けられる方』がポイントとなるのは間違いないでしょう。 当然、お金を稼ぎたいのに今現在は無職といった方や18才、19歳といった未成年の学生も条件をクリアできていないため、申し込み自体ができません。

お金を借りる時の必要書類

カードローンでお金を借りる際には、申込者全員が必ず必要となる本人確認書類と、借入希望額の金額によって追加で必要となる収入証明書の2種類の必要書類があります。
具体的には、おまとめローンや大口借入など、借入希望額が大きくなると、収入証明書の提出を求められることがあります。50万円以上〜100万円以上〜200万円以上〜300万円以上〜で提出など、会社によって異なります。

本人確認書類

運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、個人番号カード、在留カード、特別永住者証明書などの顔写真がついている公的証明書
顔写真つきの証明書がない場合には、健康保険証とあわせて住民票、公共料金の領収書(電気、ガス、水道、固定電話(携帯電話は不可)、NHKなど)、納税証明書など

本人確認用の追加書類
本人確認書類に記載された自宅住所と現在お住まいの自宅住所が異なる方は、現在お住まいの自宅住所が記載されている以下のいずれかの書類(発行日から6ヶ月以内のもの)のコピーをあわせてご用意ください。

国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書、社会保険料の領収書、公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)、住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

収入証明書類

源泉徴収票の写し(最新のもの)、所得証明書の写し(最新のもの)、確定申告書の写し(最新のもの)、給与明細書の写し(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書など)、税額通知書の写しなどの現在の収入を証明する書類のコピー
顔写真つきの証明書がない場合には、健康保険証とあわせて住民票、公共料金の領収書(電気、ガス、水道、固定電話(携帯電話は不可)、NHKなど)、納税証明書など

※賞与がないお客さまは直近2ヶ月の給与明細書をご用意ください。
※本人確認書類については、有効期限内のものをご用意ください。

収入証明書類の提出条件
・ご希望のお借入額が50万円を超えるお客さま
・ご希望のお借入額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超えるお客さま

その他のお金を借りる方法

会社からお金を借りる

会社からお金借りる方法には2つあります。
前借りは緊急時に会社が応じる義務があるためお金を借りることができますが、借り入れできる金額はあまり多くはありません。規模が大きな会社であれば社内貸付制度があることもありますが、貸付制度の有無は会社によるため確認が必要です。
社内貸付制度は福利厚生制度の一環となるため低金利であることが多いので、できればオトクに利用したいものです。

・前借りとして自分自身が稼いだお金を会社から前借りする方法
・社員への貸付制度がある場合には社内貸付制度でお金を借りる方法

公的な借り入れ制度を利用する

国などの公的機関からお金を借りる方法はいくつかありますが、自治体から借入する生活福祉資金貸付制度や、国から借入する日本政策金融公庫からお金を借りる方法などが有名です。 いずれも公的機関なので安心してお金を借りることができますが、申し込んでから実際に借入するまでには時間がかかる点がデメリットです。

生活福祉資金貸付制度でお金借りる方法
都道府県や市区町村の社会福祉協議会が貸付の窓口となっている生活福祉資金貸付制度は、厚生労働省が管轄している公的な貸付制度であるため、低金利でお金を借りることができます。
低所得者世帯、高齢者世帯、障害者世帯といったように、貸付対象者が狭まっているためお金を借りることができる対象者が限定的であることや、お金を借りるための条件も厳しいのが特徴です。
総合支援資金、福祉資金、教育支援資金、不動産担保型生活支援資金と、大きく分けて4種類あります。

日本政策金融公庫からお金借りる方法
国が出資して設立した金融機関である日本政策金融公庫は、貸付利率が低いといった特徴がありますので、少しでも低金利でお金を借りたい方は検討されると良いでしょう。
国の教育ローンや中小企業経営者への事業者ローンが主な貸付内容となっていますが、事象主ローンは規模によって種類もさまざまなので、貸付条件にあったもので申込みましょう!

▲この記事の関連記事

ゆうちょ銀行でお金かりる

ゆうちょ銀行でお金を借りるには、総合口座を保有し定額貯金や定期貯金をしている方、財形定額貯金・財形年金・財形住宅定額貯金をしている方を対象に、貸付を行っています。そういった意味では、自分自身の貯金が担保になっている状態なので、一般的なカードローンのように担保不要でお金を借りれるとは言えません。
とはいえ、低金利での借り入れが可能ですし、なによりも基準を満たしていればお金を借りやすいので、郵便局にお金を預けている方は検討されると良いでしょう。

ゆうちょ銀行の貸付制度
・財産形成貯金担保貸付け:財形定額貯金や財形年金定額貯金または財形住宅定額貯金を担保として、所定の金額まで最長2年の貸し付けを受けられる
・貯金担保自動貸付け:通常貯金の残高を超える払戻しの請求があったときに、総合口座で管理する定額貯金や定期貯金を担保として、自動的に貸付けを行う
・国債等担保自動貸付け:通常貯金の残高を超える払戻しの請求があったときに、総合口座で管理する国債を担保として、自動的に貸付けを行う

また、郵便局自体の貸付サービスではありませんが、ゆうちょ銀行が代理業者としてスルガ銀行の個人ローンのお申込みも受け付けています。

▲この記事の関連記事

お金を借りるアプリ

プロミス、アコム、アイフル、SMBCモビットなど、大手カードローン会社では、公式スマホアプリが充実しています。カードローン申込時には新規お申込み&カンタン書類提出はもちろん、スマホアプリからカードレスでお金を借りることができるなど、たいへん便利です。
特に公式スマホアプリの昨日が充実しているのが、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスです。

プロミスのアプリローンの特徴
・新規申込〜契約まで:アプリなら、お申込みフォームは自動入力機能が使えて簡単入力、本人確認書類もスマホで撮影してアップロードOK!
・入出金:お客様ご自身の口座への入金はアプリから振込キャッシング、現金の入出金はスマホATMで24時間可能
・プロミスカード不要のカードレス:必要なものはスマホ1台のみ。カード不要でお申込当日でもセブン銀行ATMで利用できます
・キャッシュレス:プロミスの振込キャッシングを利用すれば、アプリから三井住友VISAプリペイドへのチャージや残高確認もできます
・プロミス会員向け優待サービスが充実
・プロミスのアプリローンでおトクなサービス:アプリ限定、スマホ画面を見せるだけで使えるおトクな割引「アプリdeクーポン!」の利用が可能
・選べるログイン方法で便利:アプリのログイン方法は、「Web-ID」「カード番号」「生体認証」の三つから選べます。生体認証サービスを利用すると、「指紋」「顔」「声」で、らくらくログインができます
※生体認証サービスはAndroid端末のみ利用できます

金利と利息 どこが安い?

カードローンでお金を借りる際には、借入期間と借入金額に見合った利息の支払が発生しますが、その利息計算の基準となるのが金利です。金利が低ければ低いほど支払う利息は少なくなり、金利が高くなると支払利息が増える仕組みとなっています。
カードローンには、銀行、消費者金融、信用金庫とさまざまな種類がありますが、カードローンでお金を借りる際に非常に気になるのは金利です。 その中でも、銀行カードローンは金利安いのが特徴ですが、他のお金の借り方よりも審査が厳しく、また審査に時間がかかるのもデメリットと言えます。 ダイレクトに金利の影響を受けるのは、大口借入や長期借入時となるため、少額借入や短期借入の場合には、安心感があり即日融資も可能な大手銀行系消費者金融でお金を借りると、今すぐにお金を借りる際にも助かります。
なお、サラ金とはサラリーマン金融の略称で、消費者金融のことです。昔ながらのイメージでサラ金=闇金融業者(通称ヤミ金)といった印象を持たれている方も多いようですが、サラリーマン・主婦・満20歳以上の学生などが借入をしている消費者金融などを指します。

【少額借入の場合】
そもそも借入金額が少額のため、金利をかけても支払利息の額も少額となり、銀行金利とあまり変わりません。

【短期借入の場合】
カードローンの利息は月割計算ではなく日割計算となります。
カードローンは返済日まで待たずして、自分が好きなときに一部返済や全額返済できるので、生活費が足りない、お給料日までのつなぎの短期借入など、借入期間が短い時には金利の影響を受けにくく、支払利息も少額となります。

▲この記事の関連記事

土日にお金を借りる

銀行でお金を借りたいと思っても「土日休日だと銀行は営業時間外だし、キャッシングできないかも!?」と思われる方も少なくないかもしれません。
確かに、数ある金融機関のなかでも土曜日曜日に銀行がお金を貸してくれるところとは言えませんが、プロミス、アコム、SMBCモビットなどの大手の銀行系カードローンなら、土曜日、日曜日、祝日(祭日)などの休日に借り入れしたい場合でも、カードローン申し込みや借り入れが可能です。

【週末キャッシングのポイント】
・土曜日曜祝日などの休日でも新規で審査受付を行っていること
・土日でも審査自体を行っていること
カードローン 即日発行あるいは土日でも振込キャッシングを行っている業者であること

そういった点で考えますと、土曜、日曜、祝日にお金借りたいなら、休日でも新規審査申込受付および契約手続きを行っている迅速対応の大手消費者金融を利用すると、スムーズに借り入れできます。
特に、プロミスやアコムでは、土曜日、日曜日、祝祭日でも指定銀行の口座を持っていれば、受付から10秒や1分で最短即日振込も可能です。

【即日振込可能なカードローン】
プロミス:三井住友銀行、ジャパンネット銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行なら受付完了から10秒程度で瞬フリ(振込キャッシング)
アコム:楽天銀行なら受付完了から1分程度で振込

▲この記事の関連記事

会社・家族にバレずにお金借りる

お金を借りたい!でも、カードローンを利用していることを会社の同僚や家族に知られたくない!そんなときには、4つのポイントをおさえておくと安心です。
家族や勤務先にバレずに安心してお金を借りることができるのがカードローンのメリットとも言えますが、同じカードローンでも、お金の借り方によっては家族や勤め先にばれてしまう可能性があります。 そこで、誰にもバレずにお金を借りるポイントをチェックしていきましょう!

【誰にもばれずにお金を借りるポイント】
・審査回答の連絡先を自分の個人の携帯電話番号か自分しか見ないメールアドレスにする(自宅の固定電話を指定しない)
・利用明細の確認方法を「Web明細」にして自宅に金融業者から明細が届かないようにする
・ローンカードの受取方法を店舗窓口(店頭窓口)や自動契約機受取にする
・返済期日を守りカードローン会社から余計な連絡(郵便物)を受け取らないようにする

▲この記事の関連記事

お金を返済する方法

お金を借りた後は、返済をしなければなりませんが、返済方法には一体どういったものがあるのでしょうか。 各社返済方法はさまざまありますが、ほとんどの場合の返済方法は5つになります。

カードローン返済方法

・インターネットで振込返済
・口座振替による自動返済
・店頭窓口や店舗窓口での返済
・ATMでの返済
・提携コンビニATMやマルチメディア端末での返済

▲この記事の関連記事

お金を借りる時の審査とは

審査結果の連絡

審査結果の連絡は、カードローン申込の際に申請した電話番号かメールアドレス宛に結果連絡が届きます。 なかには、申込時点で結果連絡方法を指定(希望)できる場合もありますので、審査結果はいつ受信しても問題なく誰にも邪魔されないメール受取にしておくと便利です。

職場への在籍確認について

カードローン審査の一環として必ずあると言っても過言ではないのが、勤め先への在籍確認の電話です。 カードローン業者からの在籍確認電話というと、それが原因で会社の同僚や上司にお金を借りることがバレてしまうと心配される方もいらしゃいますが、大手カードローンなら、在籍確認の際にはローン会社名ではなく担当者個人名で電話がかかってくるため、周りの人にばれる心配はありません。 それでも会社の人にばれそうな場合には、「クレジットカードの在籍確認の電話です」と伝えれば、不自然さもなく乗り切れるでしょう。 なお、土曜日、日曜日、祝日(祭日)などの休日で職場もお休みで営業していない場合には、在籍確認を行うことができません。基本的に在籍確認後の審査通過となりますが、会社によっては信用情報に問題がない場合には、少額であれば在籍確認前に借り入れできることもありますので、土日にお金を借りたい場合には、事前に担当者に土日が職場が休みである旨、伝えておきましょう。

▲この記事の関連記事

審査に通らない理由とは

カードローンの審査に落ちた場合、なぜ審査に通らないのか原因や理由が気になりますよね。しかし、落ちてしまった内容は公開されていません。 そんなときにヒントとなるのが、個人情報を開示して過去の金融事故情報を調べる方法です。 信用情報機関はホワイト・ブラック情報を共有しているので、ご自身の信用情報をチェックすることで審査に落ちた原因を知ることができるかもしれません。

個人情報機関
・JICC(日本信用情報機構)
・CIC(指定信用情報機関)
・KSC(全国銀行個人信用情報センター)

個人情報開示の請求方法
【開示請求申込方法】
・スマホやパソコンからインターネットでの申込
・窓口での申し込み
・郵送での申込み
※申込方法はそれぞれの機関によって異なります

(1)個人情報開示の申込をする
(2)手数料を支払う
(3)書類を受け取る

▲この記事の関連記事

「審査が甘い・審査なし」に要注意

お金借りるならどこがいいですか?もちろん、審査がゆるい、審査なしでお金を借りれる、ブラックでも借りれる…なんて聞いたらぜひその業者で!となりますよね。でも、審査無しでお金を借りれたりブラックリストに載っていてもお金を借りれるなんていう業者は、闇金融業者(ヤミ金)である可能性が高く、安全性に問題があります。
その他にも注意した方いいのは「絶対にお金が借りれる所」と言い切っている業者です。たとえば、無職でもお金を借りることができるなんて、怪しいことこの上ないですよね。こういった業者は法定金利を超えた金利設定がされていたり、無理な取り立てがあったり…とトラブルも多いので、おすすめできません。
プロミス、アコム、アイフル、SMBCモビットなど、名の通った大手消費者金融カードローンなら問題ありませんが、「誰でもお金借りれる」とうたっているような聞いたこともない金融業者は闇金融業者の可能性もあるので注意しましょう。 また、webサイト、ツイッター、フェイスブック(Facebook)、インスタグラムなどでも今話題の個人間融資掲示板も、個人間融資と謳いながらフタを開ければ闇金融業者だった…といったケースが後を絶たないため、トラブルに巻き込まれないためにも、簡単には信用せず絶対に利用しないようにしましょう。 怪しい業者を見つけた際には、お金を借りる前に掲示板への口コミ、知恵袋などでまともな業者であるかどうかの確認をしたほうが安全に利用することができます。

お金を借りる理由 一覧

生活費 給料日までの数日間、一時的に金欠なときなど、生活費の為にお金を借りる
冠婚葬祭での出費 結婚のお祝い金や、葬式のお香典など
引越し 引っ越し代金、住宅の賃貸契約料、家具・家電購入費など
学費 入学金、授業料など
事業資金 事業資金自体の貸付はありませんが、事業主の生活費などをサポート
趣味や娯楽 自動車購入、旅費、ギャンブル資金など
支払現金不足 クレジットカード・家賃・水道光熱費の引き落とし、借金返済資金など

銀行一覧

中央銀行
普通銀行

2.1 都市銀行

2.2 地方銀行

2.2.1 北海道(北海道財務局)

2.2.2 東北(東北財務局)

2.2.3 関東甲信越(関東財務局)

2.2.4 北陸(北陸財務局)

2.2.5 東海(東海財務局)

2.2.6 近畿(近畿財務局)

2.2.7 中国(中国財務局)

2.2.8 四国(四国財務局)

2.2.9 九州・沖縄

2.2.9.1 福岡財務支局管轄

2.2.9.2 九州財務局管轄

2.2.9.3 内閣府沖縄総合事務局財務部管轄

2.3 第二地方銀行

2.3.1 北海道

2.3.2 東北

2.3.3 関東甲信越

2.3.4 北陸

2.3.5 東海

2.3.6 近畿

2.3.7 中国

2.3.8 四国

2.3.9 九州・沖縄

2.4 新たな形態の銀行

2.4.1 ネット銀行

2.4.1.1 流通系

2.5 かつての長期信用銀行・商工組合中央金庫(LONGS加盟行)

2.6 ゆうちょ銀行

2.7 外国銀行の日本法人

信託銀行

▲この記事の関連記事