約定利率とは

債務者と債権者の間で取り決めができる約定利率

約定利率とは、お金を貸す側と借りる側の双方が話し合った上で決定した利率のことを言います。
民法では、法律や倫理に反しない限り、社会生活上でのさまざまな取り決めをすることが可能となっています。
そのため、利率に関しても当事者同士の自由な話し合いができるのです。
また、債権者と債務者の間に、利率に関する具体的な希望がない場合は、法定利率が適用されます。
商業上の取引で出た債権に関しては年に6%、特段商取引が発生しない場合は5%にすると決められています。
希望があれば、お互いの話し合いによって約定利率を定めることが可能ですが、消費貸借の契約になると、利息制限法によって利率が決まります。
消費貸借とは、民法第587条で定義されているもので、受け取ったお金をそのまま返済するのではなく、借りたお金を消費した上で決められた日に返済を行うことから、貸したものと返すものが同じものではないということを指します。
例えば、生活費の足しに金融業者のカードローンを利用する場合などが消費貸借にあたり、この場合の利率は、利息制限法を順守しなければなりません。
融資額の元本が10万円未満であれば、年率は20%になります。
10万円以上100万円未満であれば18%、100万円以上になると年15%となり、これを超える場合は無効となります。
約定利率は、当事者同士の自由な取引が出来るということが魅力ですが、法律を理解した上で行うことが大切です。

お金を借りる【2大ランキング】

スピード借入 銀行で借入
銀行でお金を借りたい!安心感がほしい!という方は大手銀行をチョイス! すぐにお金を借りたい!という方は即日融資可能な銀行系をチョイス!!

関連ページ

お金の貯め方とは
お金の貯め方は必要理由と期間と金額を決めておくことが重要です。まずは無理をしない事です。
コンビニATMが代行している業務とは
コンビニATMが代行している業務とは、銀行への引き出しや振り込み、家賃や公共料金の支払いが可能です。
任意整理とは
お金を借りすぎてしまって、もはや返済する目処が立たないということもありえることですが、このようなときには債務整理を行う事が必要となります。
債務不履行とは
債務不履行とは、債務者が正当な事由がないのに債務の本旨に従った給付をしないことをいいます。履行遅滞・履行不能・不完全履行があります。
噂のヤミ金とは
ヤミ金は、審査などほとんどないに等しく、多重債務者や破産手続きをした人たちにも、無担保で誰にでも融資を行うことが掲げられています。
地方銀行とは
地方銀行は地域密着の地方銀行だからこそできるサービスです。
法人カードの種類とは
法人カードは、「ビジネスカード」と「コーポレートカード」があります。ビジネスカードは、中小企業や個人事業主に向けてのカードです。
ポジティブ情報とネガティブ情報とは
個人信用情報機関には、それぞれの個人が、いままで利用してきた金融関連の情報がすべて収まっていると言われています。
特定扶養控除とは
日本に住んでいれば税金を納めることになりますが、子供を育てている世代は自分達の生活の他に子供の費用がかかる為大変でもあります。その為そういった方達が少しでも楽になるように、特定扶養控除があります。
システム金融とは
システム金融とは、面談や審査などを行わず、FAXやダイレクトメールなどの手段で勧誘し、お金を貸すことをいいます。
都市銀行とは
日本では巨大銀行をメガバンクと呼び、これらの銀行が都市型銀行の役割を担っていると考えられます。
随時返済とは
随時返済は繰り上げで返していく方法です!!「随時返済」の情報を知ろう!
固定金利と変動金利とは
固定金利と変動金利どっちがお得?「固定金利と変動金利」の情報を知ろう!
年金利回り法とは
月々の返済額の内訳を計算する年金利回り法とは?「年金利回り法」の情報を知ろう!
弁護士会の法律相談センターとは
借金問題の際に役立つ日本弁護士連合会の弁護士会の法律相談センターとは?「弁護士会の法律相談センター」の情報を知ろう!
ANAダイナースコーポレートカードでお金を借りる方法
簡単な手続きで良いANAダイナースコーポレートカードでお金を借りる方法とは?「クレカでお金を借りる方法」の情報を知ろう!

PAGE TOP