ヤミ金とは

ヤミ金とは

ヤミ金とは

法律により貸金業を行う業者は登録が必要になっています。 なので以前まではその登録をせずにモグリで貸金業を行っている業者のことを、「ヤミ金業者」と呼んでいました。

しかし最近では、登録自体は行っているものの正当な貸金業とは言えない活動をしている業者も存在するため、上限金利29.2パーセントを超える利息で貸金業を行っている業者、または支払いが滞った時に暴力的・威圧的な態度や言葉で顧客を脅したり厳しい取り立てを行ったり、多重債務者など他のキャッシング会社ではお金を貸さない人達をターゲットにして強引に貸したお金を回収する人達のことも、同様にヤミ金業者と呼ぶようになっています。 そんなヤミ金の現状はというと、インターネットやテレビを含めた様々なメディアでの呼びかけや対策法の成立もあり、世間一般的に怖いものというイメージが定着しています。 そのため近頃では、一見してそれだと判別しづらい業者が増えてきているのが特徴の一つといえるでしょう。

たとえば有名なキャッシング会社の名前を悪用するケースでは、その会社の子会社であるかのように装ったり、よく見ないと気づきにくいよく似た名前を使用したり、中には全く同じ会社名を騙るケースも出てきています。 それ以外では街頭で配られているビラや広告などで、無担保や無保証人といった、借りる側から見て条件が良すぎる宣伝文句が書かれている時も業者が関係しているケースがあり、そこから別の詐欺やトラブルに発展する場合もあるようです。