返済方法を把握しておこう

返済方法を把握しておこう

イロイロあるお金の返済方法とは

お金を借りた後は、金利をプラスした金額を月々返済しなければなりませんが、 このとき、お金を返す方法は複数存在しますので、ご自身にとって便利な方法を選択してくださいね!

返済方法 【その1】

インターネットからの返済
もしインターネットバンキングの手続きがお済でしたら24時間いつでも返済が可能です。 土日祝日も返済手続きができ手数料も無料です。 「返済日が今日までだった」「具合が悪くて外出が出来ない」といった場合にもご自宅やオフィスから返済することができます。

返済方法 【その2】
提携ATMからの返済
コンビニエンスストアや全国の提携ATMで返済が可能です。 (金融機関やコンビニエンスストアのATMより返済する場合は借入金額によって手数料が発生する場合があるので、各社公式サイトよりご確認ください。)

返済方法 【その3】
店舗・ATMからの返済
店舗がある場合、店舗から返済する場合は窓口で相談しながら返済することも可能です。 また大手サービスは店舗併設ATMから24時間利用可能(一部店舗除く)で手数料もかかりません。 指定の銀行口座への振込や自身の口座から自動引き落としでも返済することが出来ます。

上記のように自分の生活スタイルに合った返済方法を自由に選ぶことが出来るのも嬉しいポイントですね。


例)三菱UFJ銀行から借入した際の返済方法

お金を借りたいけれど、毎月どのくらい返済すればいいのだろう。 そもそも返済ってどうしたらいいのだろう。。なんて考えることはありませんか。 「バンクイック」では、返済方法が「自動支払いによる返済」と「ATMからの返済」の 2通りあり自分にあったものを選ぶことができます。

・自動支払いによる返済
この方法は三菱UFJ銀行の本人名義の口座から希望した日を引き落とし日に設定し毎月自動的に返済するようになります。 なお、こちらについては別途手続きが必要になります。

・ATMからの返済
三菱UFJ銀行ATMや提携しているコンビニATMからの返済になります。 ATMの利用手数料や時間外手数料もかかりません。 セブン銀行、ローソン、E-netも利用可能なので買い物ついでに返済ということも可能です。
次に返済期日ですが、申し込み時に「35日ごとの返済」か「毎月指定日返済」のいずれかを選ぶことが出来ます。 「バンクイック」では、メールで返済日を教えてくれるメールサービスも行っているので それも併せて利用すれば返済日の超過や忘れの心配もありません。 ※なお、「35日ごとの返済」はATMからの返済の場合なので自動支払いで返済をする場合は、選ぶことが出来ません。
さて、お金を借りるときに一番気になるのが月々の返済額です。あまり負担になるようだったら借入自体難しいですよね。 「バンクイック」では各回の返済は最少返済額以上の金額であればいくらでも可能です。

・最少返済額とは毎回返済する際の最少の返済額のことで利用限度額によって異なります。

遅延損害金が発生しないよう毎月返済を!

キャッシングやカードローンなどのローン契約をして、借り入れを行った場合、毎月定められた日に約定返済日というのがやってきます。 この日には必ず予め決められた約定額を返済しなければなりません。 なぜなら、ローン契約の際に債権者はお金を貸すという債務を負い、一方で債務者は借りたお金に利息を付して約束の日に返済するという債務を負っているからです。 返済期日までに振り込みをするか、もしくは、返済期日に指定された口座から自動引き落としによって返済します。 では、振り込みを忘れたり、口座に残高がなく引き落とせなかった場合はどうなるのでしょうか。 その場合は、履行遅滞という債務不履行の状態に陥り、ペナルティーが発生します。 そのペナルティーの1つが、遅延損害金です。 返済期日に遅れた場合に通常の利息に加えて、さらに一定の利率で計算された賠償金を支払わなければいけません。 きちんと約束通り支払っている人と公平に扱うためにも、こうしたペナルティーが必要ですし、返済期日を守らなければならないという動機付けにも繋がるでしょう。 遅延損害金の利率は、貸付利率より高く設定されているのが一般的で、多くの貸金業者等では20%となっています。 貸付利率は業者や借入額によって異なるものの、3.5%〜18.0%の範囲であるので、返済を遅滞するといっそう返済の負担が大きくなっていくことに注意してください。 遅延損害金は、借入残高に対して遅れた日数分の日割りで20%をかけて求められます。

[まめ知識]借入極度額(契約限度額)とは借りられる上限
借入極度額とは、借り入れのできる上限金額を刺し、契約限度額、あるいは単に限度額と呼ばれることもあります。 銀行やその他の金融機関から借り入れを行うときには、最初に返済プランを決めてプラン通りに返済していくというのが一般的です。 新たに借り入れをするときには新たに契約を結ぶことが必要となります。 キャッシングではこのようにして借り入れをするのではなくて、契約をした時点で借りる事のできる上限金額を定めます。 そして、その範囲であればいくらでも借りられるのが普通です。 この上限金額のことを借入極度額と呼びます。 その範囲であれば何度でも借りる事ができますから、新たな借り入れが必要となったときでもわざわざ新たに契約を結ぶことは必要ありません。 ちょっとした資金を借りたいと言うときには適していると言えるでしょう。 借入極度額は大きい方が利用しやすいと言えるでしょう。 普段から借り入れをしなくても、いざというときに必要な資金を確保するためには、やはり大きい方が利用しやすいと考えられるのです。 では、この金額はどうやって決まるのかというと、返済可能性に応じて審査で決められます。 年収が多ければ返済可能性も高くなりますから大きく設定してくれまあす。 また、収入の安定性が高ければ返済可能性が高くなりますから、やはり大きく設定してくれる事が多いのです。 年収や収入の安定性を金融機関に対して提示をすることが必要となるのはこのようなことが影響しているからだと言えるでしょう。