安い金利と利息とは

安い金利と利息とは

安い金利と利息とは

お金を借りる際に、必ず記載されている「金利」についてご説明します。 一般的に「金利」とは、貸付金や預金に対する利子や利息のことですをいいますが、 キャッシングの場合の金利とは、元金に対する利子の比率や利率のことをいいます。

「金利」とは、借り入れ金額に対する利子(利息)の割合をパーセンテージ(%)で表したものです。 ※利子は利息と同義語として扱われる場合があります。

金利と利息とは

利息とは、お金を借りた際の対価として、貸付金額と貸付期間とに比例して一定の割合(利率)で 支払われる金銭のことをいいます。 つまり、利息とはお金を借りた際のレンタル料のようなものです。 金利とは借りたお金に対するレンタル料を計算するための割合(率)を、パーセンテージで表したものです。

<消費者金融>
アコム 3.0%〜18.0%
SMBCモビット 3.0%〜18.0%
プロミス 4.5%〜17.8%
アイフル 4.5%〜18.0%

<銀行>
オリックス銀行カードローン 1.7%〜17.8%
じぶん銀行 2.2%〜17.5%
イオン銀行 3.8%〜13.8%
三井住友銀行カードローン 4.0%〜14.5%

例)プロミスの利息を計算


その金利は適正ですか?

キャッシングの金利はお金を貸す業者によって様々です。 もっとも、制限なく自由に決められるわけではありません。 利息制限法という法律が設けられており、元本が10万円未満なら20%まで、10万円以上100万円未満なら18%まで、 100万円以上なら15%までという上限が定められています。 各業者はこの上限の範囲内で、それぞれの経営方針に基づいて金利を定めています。 借入金額ごとに適用利率を変えるところもあれば、収入などの個人の信用力に応じて審査で適用利率を決めるところもあります。 そのため、何処で借りるのか、また、適用利率がいくらになるのかで利息の負担額や返済の負担感が大きく違ってくることがありますから注意しましょう。 適用されるキャッシングの金利は、申込時に分かるのではなく、通常は審査がおりたとき、または契約書面で示されます。 それに納得がいったときのみ契約し、借り入れを行うようにしたいものです。 たとえば、単純計算で金利をシミュレートしてみると、50万円を3年間借りた場合、適用利率がいくつになるかで、次のような差が出ます。 もし、利率が10%であれば3年間の利息負担額は80,404円ですが、これが上限の18%となると147,073円となり、60,000円以上の差がでるのです。 なるべく金利安いところで借りるのが、賢明といえるでしょう。 一方、もし金利が利息制限法の上限を超えている場合には、それは悪徳業者かヤミ金と呼ばれるところですので、絶対に借りてはいけません。 キャッシングの金利は適正か、必ず確認しましょう。 なお、激甘審査ファイナンスとしても有名で、絶対お金が借りれる所や簡単にお金を借りれる所として認識されている闇金融は、お金を借りたいけど借りれない方が今すぐお金を借りたい場合などに飛びついてしまいがちですが、都合よく絶対お金が借りれる所はありません。 口コミなどで確認をすればわかりますが、こういった激甘審査ファイナンスは、取り立てが厳しかったり、法定金利以上の高金利を要求されたりといったトラブルにも巻き込まれがちなので、安心してキャッシングをしたいなら銀行系の大手消費者金融か、キャッシングフタバのように名の通った中小の消費者金融を利用しましょう。 その際には、口コミもしっかりとチェックしましょう。

お金を借りる前に【まとめ】

返済は利息もつけて行うことになりますので、事前に返済シミュレーションなどで返済金額や回数などをチェックする。 事前にサービスを提供している会社情報をしっかり調べる。 審査に通りやすいポイントは、勤続年数や、安定した収入を得ていることが重要です。 (これがクリアされていれば、アルバイト・フリーターの方もお金を借り入れできる可能性ありです!)