スマホからお金を借りる方法

スマホからお金を借りる方法

スマホからお金を借りる

スマホでお金を借りれるランキング

スマホでお金を借りたい方にオススメなのが、スマホアプリが充実している大手銀行系のカードローン会社です。 スマホアプリで本人確認書類を気軽にアップできるなど、たいへん便利です。

>> 大手銀行グループ即日融資ランキング


お金を借りる【2大ランキング】

スピード借入 銀行で借入
銀行でお金を借りたい!安心感がほしい!という方は大手銀行をチョイス! すぐにお金を借りたい!という方は即日融資可能な銀行系をチョイス!!

カードローンの申込方法

(1)スマホから24時間ネット申込
(2)メールや電話で審査回答
(3)アプリで書類提出(契約)
あとは自動契約機でカードを発行すれば、提携コンビ二ATMで24時間いつでもお金を引き出せます。 また、振込キャッシングなら来店不要でお金を借りることもできます。

カードローン申込条件

満20歳〜65歳までの方
原則として安定した収入がある方
銀行指定の保証会社の保証を受けられる方 など

契約に必要な本人確認書類

運転免許証
パスポート
健康保険証
外国人登録証明書 など

※借入限度額が一定金額を超える際に、源泉徴収票、確定申告書、納税証明書、住民税決定通知書などの所得証明書が必要になる場合があります。


カードローンでお金を借りる方法

カードローンでお金を借りる会社を選ぶ基準のなかに、実際にお金を借りる(借りたお金を引き出す)際の利便性なども重要となってきます。 ご自身の指定口座へ直接振込をしたり、セブンイレブンなどのコンビニでお金借りるなど、お金の借り方も複数ありカードローンは非常に便利です。

ATMでお金を借りる方法

店頭窓口に併設されているカードローン会社のATMはもちろんのこと、提携銀行ATMや提携コンビニATM、クレジットカード会社ATMなど、数多くのATMにて気軽にお金を引き出せるので、非常に助かります。 たとえば、コンビニatmでお金を借りる方法なら、定期メンテナンス時間外であれば、基本的に24時間いつでもお金を引き出すことができるのです。 コンビニキャッシングのやり方としては、ローンカードを持ってコンビニATMに行き、ローン機の指示に従って借入手続きをしていくだけで、簡単に借入れ可能となります。 店舗窓口のATMや提携銀行atm、提携コンビニatmは、スマートフォンで公式サイトのATM検索ですぐに見つけられます。

振込キャッシングでお金を借りる方法

あらかじめ指定をした銀行口座へ、直接振込にてお金を借りる方法です。 たとえば、クレジットカードの引き落としや家賃・水道光熱費の引き落としなど、現金を持って何かに使うのではなくお金が口座から引き落とされる場合には、借りてきたお金をご自身でわざわざ口座に預け入れするよりも、直接、借りたお金を引き落としの また、指定銀行によっては、平日夕方・夜間や土曜日、日曜日、祝日(祭日)などの休日でも、受付から数十秒〜1分ほどで振込完了する即日振込対応をしている業者もあります。 振込キャッシングの申込はスマホから会員サイトにログインして、簡単に振込指定できるので、場所や時間を選ばずにいつでもどこでも申込できるのがメリットです。

即日振込可能例
プロミス:三井住友銀行、ジャパンネット銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行なら受付完了から10秒程度で瞬フリ(振込キャッシング) アコム:楽天銀行なら受付完了から1分程度で振込

店頭窓口や店舗窓口でお金を借りる方法

店頭窓口の営業日は平日のみとなりますが、借入計画や返済計画について相談したいときなどは、店舗窓口でスタッフさんに相談しながら借入をすると安心です。 また、カードローン会社によっては店舗窓口などの有人店舗がないところもありますので、公式サイトなどでご確認ください。

即日融資なら銀行系カードローン

手持ちのお金が足りなくて今すぐにお金を借りる必要がある、誰にもバレずにカードローンを利用したい…といったときには、銀行系のカードローンが最適です。 審査回答最短30分やカードローンの申し込みをしてから最短1時間融資など、審査スピードや融資速度が速いので、即日振込や即時借入も可能です。

カードローンのお金の返済方法とは

カードローンキャッシングでは、借りたお金の返済方法が充実しています。
・指定口座への振込返済(インターネット返済)
・指定口座からの自動引き落とし返済
・店頭窓口や店舗窓口での返済
・ATMや提携ATMなどから返済

銀行系消費者金融とは

銀行系の消費者金融とはプロミス、アコム、SMBCモビットなど銀行のグループ会社が運営している会社で、誰もが知っているような馴染みのある大手銀行の関連業者も多く、安心感があります。 また、大手銀行グループならではの安心感もありながら、大手消費者金融として即日融資も可能なので、安心してすぐにお金借りる際におすすめな方法となります。

銀行系消費者金融の代表格

・SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス
・三菱UFJフィナンシャル・グループのアコム
・三井住友銀行グループのSMBCモビット
※個別ページに飛ばす!

銀行系消費者金融の特徴

初めてお金借りる際に無金利で借入できるなど、銀行系消費者金融ならではのサービスが充実しています。

・審査回答最短30分や最短1時間融資など即日融資が可能
・銀行審査に自信がない方に向いている
・初めて利用の方は30日間金利0円などの無利息期間がある
・利息は日割り計算なので必要な分だけ支払える
・収入証明書の提出が不要ですぐに手続きできる
・少額融資でもスマホアプリが充実
・レディースキャッシングなど女性向けサービスも充実している
・銀行カードローンのように口座開設が不要

カードローンでお金を借りる際の審査について

ブラックだからお金を借りたいけど借りれない、あるいはお金借りたいけど審査通らないのではないか…と心配される方にとっては、審査なしのローンで安全なところから借入したいと思うことでしょう。 また、高額借入ならばもちろん審査は必須だけれど、もしかしたら少額融資なら審査なしでいけるのではないか…と思われる方もいらっしゃるかもしれません。 ですが、カードローン契約において、審査なしで済む業者はほとんどありません。 キャッシングが通らないなら極甘審査ファイナンスから借入すればいい!ここなら絶対お金貸してくれるところだからお金借りる際に即日借入しても審査なしでいける!と思っている方は、知らないうちに闇金融業者に手を出しているといった心配もあるため、「審査なし=安全な借入ではない」との認識を持…、むしろ最初から審査は必ずあるものだとの自覚を持って、しっかりと対策をしたうえで審査に臨みましょう。

在籍確認について

カードローンの第一の難関は、職場への在籍確認です。在籍確認では、カードローン申し込みをした際に申し出ている勤め先に電話がかかってきますが、この在籍確認は大手カードローン会社ではほとんど行われており、在籍確認なしでお金を借りるところはあまいありません。

在籍確認の心配点をクリア
仕事先への在籍確認が行われることにより、職場の上司や同僚、電話を受けた事務員さんや受付の方に、カードローンでお金を借りることがバレてしまうのでは…と思われがちですが、在籍確認の際には、会社名ではなく担当者個人名で電話がかかってくるので、在籍確認電話が原因で誰かにキャッシング利用がばれることはありません。

土日休日の在籍確認について
土曜日、日曜日、祝祭日などの休日にお金を借りる際にも、在籍確認は必須となりますが、多くの会社では週休二日などで土日が休みの場合があります。 そんなときには、事前に担当者に土曜日曜は職場が休みの旨を伝えておくと、休み明けの月曜日などに在籍確認が行われます。 なお、その際には、少額であれば土日のうちに借入可能な場合があります。

属性スコアリング審査システムとは

カードローン審査には、属性スコアリング審査システムというのものがあります。 氏名、生年月日、住所、電話番号、居住に関連する情報(居住形態、種類、名義人、住宅ローンの有無やローン金額など)、婚姻の有無、家族構成、勤務先に関する情報(勤務先、勤続年数、雇用形態など)、年収、保険証の種類などの審査に必要な基本情報を点数化(スコアリング)して審査するシステムです。

信用情報に関する審査とは

カードローン審査では、基本情報となる属性スコアリングのほかに、信用情報に関する審査が重要視されています。 事故情報(自己破産や債務整理、返済延滞の有無などを確認)、借入状況(借入件数や借入金額、借入上限金額など)、申込記録(他社借入件数や申込みキャンセルなどもチェック)、借入実績(カードローンの利用状況、返済状況、借入期間、返済回数、借入金額、月々の返済金額など) 無担保で保証人なども不要である分、審査はしっかりと行われます。 一度この信用情報に傷がつくと、一定期間が過ぎるまではマイナスの情報が載り続ける…いわゆるブラックリストに載る、ブラックの状態となります。

長期借入&大口借入なら銀行カードローン

お金を借りるなら銀行が良いという方は多くいらっしゃいます。なぜなら、お金借りたいけど安心して借りれるところがいい、お金借りるなら少しでも金利安いところで借りたいと思う方が多いからです。 確かに、消費者金融と比べても、お金を借りるなら銀行の金利のほうが断然、低金利なので、長期借入をしたり、大口借入の場合には、特に金利の影響を受けることになります。 ただ、銀行のカードローンは、消費者金融やその他のお金の借り方を比べても審査が厳しいため、申し込んでも審査に落ちる方もたくさんいらっしゃいますので、どうしてもお金を借りたい方やすぐにでもお金が必要な方は、借入先を慎重に選ぶ必要があります。 また、元国営の郵便局でお金を借りるなど、安心感を求めるならやはり銀行からお金を借りる方法がいちばんです。 郵便局からお金借りる際にはゆうちょ口座が必要といった条件などもありますが、身近なゆうちょ銀行からお金を借りることができれば、不安もありません。

銀行カードローンの特徴について

銀行カードローンの代名詞は、低金利と銀行ならではの安心感・信頼感です。 ほかにも、銀行カードローンというと、基本的にはその銀行の口座開設をしなければならないのですが、なかには、三菱UFJ銀行バンクイックのように口座開設不要な銀行もあります。 また、銀行でカードローン契約をするとローン専用カードを発行する銀行が多いのですが、みずほ銀行カードローンのように銀行のキャッシュ カードでお金を借りることができる銀行もあります。 なお、養育費を銀行で借入したい!家や土地を買うのに銀行でお金を借りたい、車を買うにあたって自動車ローンを組みたいといった借入目的がハッキリしている場合には、銀行カードローンではなく、それぞれの専用の目的別ローンが最適です。

銀行でお金を借りる条件とは

銀行からお金を借りる条件はお申し込みの銀行によって異なりますが、多くの銀行では下記が条件となっています。(上限年齢は銀行により異なります)
・申込時点で年齢が満20歳以上65歳未満の方
・原則として安定した収入がある方
・銀行指定の保証会社の保証を受けられること

銀行でお金を借りる申込方法とは

銀行からお金を借りる際の申し込み方法のなかで、来店不要で24時間365日いつでも誰にもバレずにお金を借りることができる方法として、スマホ、PC、携帯電話などからインターネット申し込みが主流となっています。 また、対人で申込むのが煩わしい…といった方は、ローン申込機・無人契約機・自動契約機などでの申込方法もありますので、お金借りる銀行を選ぶ際には、お客様にあった便利な申込方法を選べる大手銀行を選択しましょう。
・24時間申込OK!来店不要のインターネット申込み
・来店不要の電話申し込み
・自動契約機、無人契約機、ローン契約機での申込
・相談しながら申込OK!店頭窓口、店舗窓口申込み
・郵送申し込み

銀行カードローンお金の借り方とは

お金借り方は銀行によってさまざまですが、いまはスマートフォン、パソコン、ケータイなどでインターネットで公式サイトの会員ページにログインして振込キャッシングでお金を借りる方法や、店舗ATM・提携銀行ATM・提携コンビニatmなどでお金を引き出す方法が主流となっています。 また、店頭窓口での借入れもできるので、窓口でお金を借りる際に、返済計画や借入状況の相談など、聞きたいことがある場合には店舗窓口での借入れもオススメです。

お金を借りる【2大ランキング】

スピード借入 銀行で借入
銀行でお金を借りたい!安心感がほしい!という方は大手銀行をチョイス! すぐにお金を借りたい!という方は即日融資可能な銀行系をチョイス!!

休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
三菱UFJ銀行 1.8% 〜 14.6% 500
万円
★★★★☆
じぶん銀行 2.2% 〜 17.5% 最大800
万円
★★★☆☆

カードローンの疑問解決

年会費などはかかるの?
新規カードローン契約料や新規カード発行手数料をはじめ、カード維持費や年会費などの費用はかかりません。
保証人は必要なの?
保証人や保証料などは必要ありません。
土日も借りれるの?
三菱UFJ銀行のカードローン・バンクイックなら、土日祝日も審査対応をしているので、土曜日キャッシングや日曜日キャッシングができます。 金曜日の夜などにインターネット申し込みをしておけば、原則として翌日の午前中には審査回答の連絡がきますので、テレビ窓口(自動契約機)でカード発行をしてお金を借りましょう(※発行されたカードは、発行日の翌営業日以降、審査の結果により利用可能)
お金を借りるを英語で言うとなんていうの?
お金を借りることはできますか?   Is it possible to borrow money ? お金を借りると利子はいくらですか?   How much interest do you charge on loans ?
お金借りる前の下準備は必要?
初めてお金を借りるなら知恵袋などですでにキャッシングを利用している方に意見を求めたり、お金借りるための情報サイトでスムーズにお金を借りる場所を調べてみたり、お金借りるならココが良い!と多くの業者の情報を紹介している口コミサイトなどをチェックするのもひとつの手段です。 こういった情報サイトでは、お金を借りる最適な業者がランキング形式で紹介されていたりするので、そちらをチェックするとこれからお金を借りる人にとっては有益な情報を得られます。
お金借りるのは学生でも大丈夫?
カードローンの申込条件には年齢制限もあり、「申込時点において満20歳以上」となっています。上限年齢は業者により異なりますが、下限年齢は一律で決まっているため、カードローンでお金借りる際には高校生や満20歳に満たない18歳、19歳の大学生は、お金借りることができません。 お金借りる際の審査通らない以前の問題となりますので、学生ローンでお金を借りるなど、別の選択肢を選びましょう。
クレカでお金を借りることはできますか?
クレジットカードにはショッピング機能とキャッシング機能があり、基本的には新規申込時に付帯サービスであるキャッシング機能の利用希望を出すと、キャッシング審査の上キャッシング枠が割り当てられます。 クレジットカードでお金を借りる際には、提携コンビニATMなどでも気軽にお金を引き出せます。
お金を借りるなら 極甘審査ファイナンスが良いって本当?
インターネット上では、絶対お金が借りれる所として、今すぐ借りたい 激甘審査ファイナンスを勧めているケースがあるようですが、これらのサイトは闇金融業者(通称ヤミ金)である可能性が高いです。 キャッシングセレクトなど今すぐ借りれるヤミ金は、銀行からお金を借りれない人の足下を見て法定金利以上の利息請求をしてきたり、高金利を求められことにより借りたお金の返済が滞った場合には、無理な取り立てを行ったり…と、非常に危険性が高く、トラブルになりやすいので闇金融業者(ヤミ金)からの借入は絶対に控えましょう。
無職でもお金借りれるの?
お金が緊急で必要だけど無職だからどうしたらいいか分からない…といった方には、生活保護を受けたり市区町村の補助制度を利用したり…といった選択肢がありますが、これらの制度は手続きや審査などに時間がかかるため、即日借入はできません。 お金借りるにあたっては審査があるため、即日での借入が難しい上に、さらに無職の方の場合には審査自体に落ちてしまって借入ができない…といった状況です。 また、無職だけどお金借りたいという方は、無職でも借りれるソフトヤミ金を捜したり、個人間融資掲示板など今すぐお金を借りたい無職の方にも審査なしでお金を貸してくれるところを探す方がいます。 しかし、お金を借りる際に無職でもOKという相手先は、詐欺、高金利でブラックな闇金融業者(闇金)といった可能性が高く危険なので、注意が必要です。



スマホからお金を借りる方法エントリー一覧