審査に通らない理由とは

審査に通らない理由とは

審査に通らない理由とは

金融会社にカードローンの申込みをしても、100%必ずしも審査に通るわけではありません。 審査に落ちる原因はさまざまですが、 「自身の収入と合っていない金額の借り入れを申し込んだ=まずは少額で希望してみる」「借入件数が多い=おまとめローンで借入件数をまとめてみる」など、なかには対策を練れるものもあります。 また、金融機関のなかでも審査基準が異なるため、審査に通りやすいキャッシング会社もあるため、ご自身にあった業者を選ぶことも重要です。

審査に通らない理由とは

信用情報機関に登録されている(過去に返済遅延などがある)
審査基準を満たしていない
借り入れ件数が多い
短期間で複数の金融機関に申し込みをしている
消費者金融の場合、総量規制に引っかかっている

審査を通しやすくするためのポイント

収入にあった無理のない金額で借入申告する
短期間に複数の金融機関に申し込みは行わない(同時申込みは2件くらいまで)
正しい情報で申告する

キャッシング審査は、信用情報機関のデータと照らし合わせて行われるため、誤った情報はすぐに洗い出されてしまうこともあり、正しい申請が必要です。


関連ページ

カードローンの審査に落ちた原因
カードローンの審査に落ちた場合は、必ず原因がありますが、この理由は公開されません。しかしながら、なぜ審査に通らなかったのかの主な原因を明記します。
お金を借りる前に安心の返済シミュレーションをしよう!
お金を借りる前に、返済のシュミレーションをしておくことで、借りすぎや、審査に通りそうかを事前にチェックすることができ、時間の無駄を省くことができます。
貸金業法改正「総量規制」について