会社や職場への在籍確認でキャッシングがバレないか

会社や職場への在籍確認でキャッシングがバレないか

会社への在籍確認でキャッシングがバレないか

カードローンを利用するうえで気になるのが、職場への在籍確認です。 キャッシングはすでに一般的なものとなってはいますが、やはり、会社の人や家族、友人知人などにはバレたくない…という気持ちがあるものです。 こちらでは会社への在籍確認についてチェックしていきましょう。

在籍確認の目的

カードローン申し込みの条件として、年齢制限のほかに「安定した収入を得ていること」というものがあります。 そのため、ほとんどの業者で「申込み時に申請した会社に、本当に勤めているのか?」といった在籍確認は、必須と言えます。 なかにはこの在籍確認を行わないキャッシング業者などもありますが、借入限度額が少額だったり、 電話での在籍確認ではなく別の方法での在籍確認が行われたり…と、なんらかの制限や方法がとられます。

在籍確認でキャッシングがバレることはないの?

職場への在籍確認では、消費者金融の場合は会社名ではなく個人名で電話がかかってきますので、カードローンの利用を疑われることはありません。 なお、銀行の場合はそのままストレートに銀行名で電話がかかってくるので、銀行名で電話をかけられたくない!という方は、 事前に「個人名で電話をかけてほしい」と要望を伝えましょう。